ニュース

KIRINJI、2003年の初武道館ライヴ映像に未収録を追加した完全版映像作品を発売

KIRINJI   2018/11/09 13:14掲載
はてなブックマークに追加
 今年でメジャー・デビュー20周年を迎え、さまざまなリリースやライヴを展開しているKIRINJIが、2003年に行なった初の武道館公演(2003年11月16日)の映像作品『KIRINJI TOUR 2003 / LIVE at BUDOKAN〜KIRINJI 20th Anniv. Special Package〜』(Blu-ray + CD UPXY-6072 6,800円 + 税 / DVD + CD UPBY-5072 5,800円 + 税)を12月5日(水)にリリース。Blu-ray化は本作が初となります。

 Blu-ray、DVDともに“スペシャル・パッケージ”として、当時は未収録だった2曲を追加収録し、完全版として復刻する本作。ボーナス・コンテンツとして、ミュージック・ビデオ4曲を追加収録しているほか、当時同時発売されたライヴCD(全13曲)も付属しています。

 11月9日(金)大阪・Zepp大阪ベイサイド、11月15日(木)&16日(金)東京・豊洲PITで開催されるメジャー・デビュー20周年記念ライヴ〈KIRINJI 20th Anniversary Live 「19982018」〉では、本作の予約特典として、“KIRINJI TOUR 2003 / LIVE at BUDOKAN ツアースタッフパス復刻版”がもれなくプレゼントされます。

■2018年12月5日(水)発売
キリンジ
『KIRINJI TOUR 2003 / LIVE at BUDOKAN〜KIRINJI 20th Anniv. Special Package〜』

Blu-ray + CD UPXY-6072 6,800円 + 税
DVD + CD UPBY-5072 5,800円 + 税

[Blu-ray / DVD]
KIRINJI TOUR 2003 / LIVE at BUDOKAN 
風を撃て
グッデイ・グッバイ
カメレオンガール
雨を見くびるな
愛のCoda
繁華街
嫉妬
地を這う者に翼はいらぬ
ハピネス
エイリアンズ
まぶしがりや *
来たるべき旅立ちを前に
ニュータウン
僕の心のありったけ
スウィートソウル
アルカディア
ブルー・ゾンビ
奴のシャツ
ムラサキ☆サンセット
the echo
銀砂子のピンボール
あの世で罰を受けるほど *
耳をうずめて
カウガール

 *=初収録

SPECIAL CONTENTS
カウガール(フル・ヴァージョン)
Live Photo Gallery

MUSIC VIDEO
スウィートソウル
カメレオンガール
YOU AND ME
十四時過ぎのカゲロウ
 
[CD]
KIRINJI TOUR 2003 / LIVE at BUDOKAN
01. 風を撃て
02. カメレオンガール
03. 地を這う者に翼はいらぬ
04. まぶしがりや 
05. 来たるべき旅立ちを前に
06. 僕の心のありったけ
07. スウィートソウル
08. ブルー・ゾンビ
09. 奴のシャツ
10. ムラサキ☆サンセット
11. the echo
12. あの世で罰を受けるほど
13. 耳をうずめて
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015