ニュース

クラフトワーク初ライヴDVD、詳細判明!ボックスもあり

クラフトワーク(Kraftwerk)   2005/10/14掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 第一報をお伝えした後に発売延期となり、先日には“12月発売か!?”ともお伝えしていた、クラフトワーク初の公式ライヴ作品『ミニマム/マキシマム(Minimum-Maximum)』のDVD版。どうやら12月発売というのは間違いないそうで、米国盤は12月6日に、ヨーロッパ盤は12月5日にそれぞれ発売が予定されています。

 本作は、ヨーロッパ、アメリカ、日本などで2004年から2005年にかけて行なわれたワールド・ツアーの模様を収めたもので、DVD版には全20曲が収録。音声はPCMステレオおよびDTS 5.1chサラウンド・サウンド対応となり、またボーナス映像として、MTVで放送されたスコットランド・エディンバラでの「Aerodynamik」も収録される予定です。

 発売はDVD2枚組の通常盤に加え、『Notebook』と呼ばれるボックス仕様のスペシャル・エディション盤も予定。このスペシャル・エディション盤には、DVD版とCD版、そして、未発表を含むツアーでの写真やツアーの詳細データなどが掲載された88ページにも及ぶブックレットが、ラップトップ・スタイル仕様のボックスに収納される模様です。長年待ち続けたその日まであと少し! ファンは期待してその日を待ちましょう!

●DVD版『Minimum - Maximum』
≪ディスク1≫
01. Meine Damen Und Herren 00:35
02. The Man-Machine 07:54
03. Planet Of Visions 04:46
04. Tour De France 03 10:40
05. Vitamin 06:42
06. Tour De France 06:18
07. Autobahn 08:52
08. The Model 03:42
09. Neon Lights 05:52
10. Radioactivity 07:41
11. Trans Europe Express 09:38

≪ディスク2≫
01. Numbers 04:33
02. Computer World 02:55
03. Home Computer 05:55
04. Pocket Calculator / Dentaku 06:14
05. The Robots 07:23
06. Elektro Kardiogramm 04:42
07. Aero Dynamik 07:13
08. Music Non Stop 09:49
09. Aerodynamik / MTV 03:48
続報
クラフトワークのDVD、国内盤発売延期
日本盤(TOBW-3257〜8 \5,800(税込))の発売が少しだけ延期に。発売は2006年1月25日に予定されています。
[ 2005/12/21掲載 ]
クラフトワークのDVDボックス用特設サイトがオープン!
発売が迫ってきたスペシャル・エディション『Notebook』の特設サイトがオープンしました。
[ 2005/12/15掲載 ]
クラフトワークのDVDボックス、US盤延期
スペシャル・エディション『Notebook』のUS盤が発売延期に。発売は12月27日を予定しています。
[ 2005/12/05掲載 ]
クラフトワークDVDのボックス仕様の続報
『Notebook』と呼ばれるボックス仕様のスペシャル・エディション盤はUK、USともに発売される予定。UK限定盤US限定盤とも日本円にして1万円を超える価格設定になっています。さて、アナタならどうしますか?
[ 2005/11/07掲載 ]
クラフトワークのDVD、ボックスはUS・UKでも
『Notebook』と呼ばれるボックス仕様のスペシャル・エディション盤はUK、USともに発売される予定。UK限定盤US限定盤とも日本円にして1万円を超える価格設定になっています。さて、アナタならどうしますか?
[ 2005/11/07掲載 ]
クラフトワークのDVD、国内盤発売再決定
発売延期となっていた日本盤(TOBW-3257〜8 \5,800(税込))の発売が復活! 日本盤は2006年1月12日に予定されています。なお日本盤は通常盤のみが予定されているようです。
[ 2005/11/02掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015