ニュース

LOUDNESS、リキッドルームを超満員に!

LOUDNESS   2009/07/02 14:49掲載
はてなブックマークに追加
LOUDNESS、リキッドルームを超満員に!
 ライヴ・ツアー〈CLASSIC LOUDNESS 2009 The Birthday Eve〜Disillusion〉の好評を受け行なわれている追加公演〈CLASSIC LOUDNESS 2009 The Birthday Eve〜Disillusion Chapter2〉も佳境へと突入したLOUDNESS。6月26日(金)に東京公演が恵比寿のリキッドルームで開催、超満員のオーディエンスを迎え、大熱狂の一夜に!

 オープニングSEから、メンバーはゆっくりとステージへ。高崎晃のギターのフェードインからフィードバック、そして渾身のアームダウン! もちろんオーディエンスは、オープニングナンバーが記念すべきLOUDNESSのデビュー・アルバム『The Birthday Eve』のオープニングを飾る、正にバンド名を冠したナンバー「LOUDNESS」であることは、すでに承知。会場のボルテージは最初から一気に沸騰点へ到達!

 「SEXY WOMAN」、「HIGH TRY」「ROCK SHOCK」のメドレー、さらに「TO BE DEMON」と、MCはほとんどなく、畳み掛けるように続く1stからのナンバー。そしてお次は、2nd『DEVIL SOLDIER』から「ANGEL DUST」〜「GIRL」のメドレー、「ROCK THE NATION」〜「DEVIL SOLDIER」のメドレーと、息つく間もないほど。

 さらに、3rd『THE LAW OF DEVIL'S LAND』から、「THE LAW OF DEVIL'S LAND」「MR. YES MAN」「IN THE MIRROR」「BLACK WALL」の4曲。特に「MR. YES MAN」は、「この曲は樋口さんがとても大好きだった曲です」という二井原実のMCからスタート、メンバーの樋口宗孝に対する思いがこもった、ファンにとっても忘れられないパフォーマンスに。そして、いよいよライヴも終盤、4th『DISILLUSION』へ。

 何度となく演奏されてきた名曲「CRAZY DOCTOR」も、さらなるアグレッシヴさを増し、オーディエンスを圧倒! 高崎晃のギター・ソロ「EXPLODER」を経て、「DREAM FANTASY」「ESPER」と、凄まじいエネルギーの塊をステージに残しながら、メンバーはステージを後に。

 アンコールの叫びが会場の外まで響き渡るなか、ステージに登場するや披露されたのは「BURNING LOVE」と「ROAD RACER」。スタジオ録音の初々しさとは違った、大人のパフォーマンス。2度目のアンコールは「ARES'S LAMENT」。そして、締めくくりはもちろん「SPEED」。“もっと見たい!”そんなオーディエンスの心中を察するかのように、メンバーは3回目のアンコールに対し、5月27日発売のニュー・アルバム『THE EVERLASTING』からの「HIT THE RAILS」! オーディエンスにとって、最高のプレゼントになったはず。

 なお、今回行われている“CLASSIC LOUDNESS LIVE”シリーズの第2弾として、8月末から9月初旬には、中野サンプラザをはじめ、全国4ヵ所で〈THUNDER IN THE EAST〉ツアーを開催するLOUDNESS。こちらももちろんチェックです!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015