ニュース

マリリオン、フィッシュ在籍時の作品が紙ジャケ化

マリリオン(Marillion)   2005/08/24掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 1982年にデビュー、ジェネシスからの多大な影響を感じさせるプログレッシヴ・ロックで高い人気を誇り、現在も活動を続けるマリリオンの作品が紙ジャケットとしてリリースされます。

 今回発売されるのは、オリジナル・シンガーであるフィッシュ在籍時代のスタジオ・アルバム4作と、ライヴ・アルバム2作。フィッシュ脱退後もバンドは人気を維持していますが、“ネオ・プログレッシヴ・ロック”ムーヴメントの牽引者としてセールス的に成功、サウンドのプログレ度が高いこともあり、この時代にこだわるファンも多数存在します。 
 ジャケットも印象的なものが多いこの時期の作品だけに、マニアにとって紙ジャケ化は喜ばしいことでしょう。発売は東芝EMIより、10月26日の予定です。なお、98年の再発時に付属されたボーナス・ディスクは、今回の紙ジャケ化では付きません。

<マリリオン紙ジャケット>
※タイトルの( )内は原題。表記のないものはすべて税込\2,600
『独り芝居の道化師(SCRIPT FOR A JESTER'S TEAR)』(83年/TOCP-67784)
『破滅の形容詞(FUGAZI)』(84年/TOCP-67785)
『過ち色の記憶(MISPLACED CHILDHOOD』(写真/85年/TOCP-67786)
『旅路の果て(CLUTCHING AT STRAWS)』(87年/TOCP-67787)
『リアル・トゥ・リール』(ライヴ盤:84年/TOCP-67792)
『伝説への序章(プロローグ)(THE THIEVING MAGPIE - La Gazza Ladra)』(2枚組ライヴ盤:88年/TOCP-67793〜4 税込\3,670)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015