ニュース

バイエルン放送交響楽団、マリス・ヤンソンスとの首席指揮者の契約を2024年まで延長

マリス・ヤンソンス(MARISS JANSONS)   2018/07/17 12:24掲載
はてなブックマークに追加
バイエルン放送交響楽団、マリス・ヤンソンスとの首席指揮者の契約を2024年まで延長
 1949年にオイゲン・ヨッフム(Eugen Jochum)によって創設され、独ミュンヘンに拠点を置くバイエルン放送交響楽団が、2003 / 04(年)シーズンより同楽団および合唱団の首席指揮者を務めるマリス・ヤンソンス(Mariss Jansons)との同ポストの契約を2024年まで延長することを発表しています。

 ヤンソンスは今回の任期延長に際し、「バイエルン放送交響楽団から契約期間をさらに更新したいというお話をいただいた時、私はもちろんたいへん嬉しかったです。これまでの年月で培ってきた緊密な音楽的協力関係、ほかに例をみないほど順調で充実した人間関係、お互いへの深い信頼を確かめるものであり、オーケストラの楽団員の方々、また素晴らしいバイエルン放送合唱団の歌手の方々とのこういった関係を継続していきたいと願っております。彼らと築き上げられるであろう、数々の音楽上のハイライトに彩られた輝かしい未来を楽しみにしております」とコメント。

 ヤンソンスとバイエルン放送響は今年11月に来日。マーラーの交響曲第7番やR.シュトラウスの交響詩『英雄の生涯』、ストラヴィンスキーのバレエ音楽『春の祭典』、そしてピアニストのエフゲニー・キーシン(Evgeny Kissin)との共演によるリストのピアノ協奏曲第1番などの曲目を予定しています。



マリス・ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団
www.japanarts.co.jp/concert/concert_detail.php?id=659

2018年11月22日(木)
東京 池袋 東京芸術劇場 コンサートホール

2018年11月23日(金・祝)
兵庫 西宮 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

2018年11月25日(日)
神奈川 川崎 ミューザ川崎シンフォニーホール

2018年11月26日(月) / 27日(火)
東京 赤坂 サントリーホール
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは
[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』
[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015