ニュース

MISIA、初のアジア・ツアーが台湾にてスタート! 新曲も一斉配信

Misia   2008/09/01 15:06掲載
はてなブックマークに追加
MISIA、初のアジア・ツアーが台湾にてスタート! 新曲も一斉配信
 デビュー10周年を迎え、記念リリースにも注目の集まっていたMISIA。初のアジア・ツアーとなる“OCN Presents THE TOUR OF MISIA DISCOTHEQUE ASIA”が、8月30日(土)、台湾・台北市「台北世界貿易中心南港展覧館(TWTC Nangang Exhibition Hall)にてスタートしました。同日には、配信限定のデジタル・シングル「Catch the Rainbow」が日本はじめアジア各国にて一斉配信!2008年型“DIGITAL DISCOTHEQUE SOUND”を体感しましょう。

 この日は、MISIA悲願のアジア・ツアー初日ということもあり、この日にかける本人の意気込みがひしひしと伝わる、パワフルかつカラフルな約2時間半のステージを披露。“DISCOTHEQUE ASIA”と、ツアー・タイトルにもあるように、男性ダンサー7人とバンドを引き連れたMISIAの歌とダンス・パフォーマンスは圧巻の一言!

 さらに今回のライヴでは、MISIAはMCのほとんどを中国語でこなし「みんな一緒に歌って、踊って、盛り上がっていきましょう!!」 というMISIAの言葉に約10,000人のファンが大歓声で答えるなど、人気・実力ともに“日本の歌姫からアジアの歌姫へ”確かな第一歩を踏み出したことを実感させる感動的な一夜になったとか。

 なお、このツアーは、今後シンガポール、ソウル、香港、上海の5都市での海外公演に加え、日本国内でのアリーナ・ツアーと全13都市25公演、総動員数約25万人、2009年にまで及ぶ大規模なツアーとして続いていきますので、注目を。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015