ニュース

宮沢氷魚主演映画「his」、“おでこコツン”シーン撮影秘話を今泉力哉監督が明かす

宮沢氷魚   2019/12/11 12:55掲載
はてなブックマークに追加
宮沢氷魚主演映画「his」、“おでこコツン”シーン撮影秘話を今泉力哉監督が明かす
 『愛がなんだ』のヒットが記憶に新しい、今泉力哉監督の最新作映画「his」が、2020年1月24日(金)より東京・新宿武蔵野館ほかにて全国ロードショー。公開に先駆け、予告編とポスター・ヴィジュアルが公開されています。

 本作は、恋愛映画の旗手・今泉力哉監督による、男性ふたりの恋愛と、「好きだけではどうしようもない」“その先”の物語。同性の2人が子供を持ち、家族として世間とどう向き合い、生きていくのか……彼らを待ち受ける社会との関わり方や偏見、差別、優しい眼差しが描かれています。主演にはTVドラマ『偽装不倫』で多くの視聴者の心を掴んだ宮沢氷魚。本作では映画初主演にして、周囲にゲイだと知られることを恐れ、東京からひとり、田舎にやってきた主人公・井川迅役を演じます。迅が恋焦がれる日比野渚役には、U-NEXTのオリジナル配信ドラマ「すじぼり」で連続ドラマ初主演を務めるなど話題作への出演が絶えない藤原季節が務めます。

 公開されている予告編やポスター・ヴィジュアルでも象徴的に使用されている“おでこコツン”。切なさが最高潮に高まるこのシーンの撮影秘話を、今泉監督は「この〈おでこをくっつける〉という動きは、もともと脚本にはありませんでした。私が撮影現場で思いつき、氷魚さんにはあえて何も伝えず、季節さんにだけ”静かに近づいていっておでこをくっつけてほしい”と伝えました。つまり、本番撮影時、氷魚さんは相手がどう動くか一切知らないまま演じていたので、季節さんが近づいてきたとき、もしかしたらキスされるのでは?と考えて演じることになる。そうした緊張感と心のざわめきを狙ったシーンになります。実際、カットをかけた後、氷魚さんに聞いたらキスされると思った、と話していました。狙い通りです(笑)」とコメントしています。


©2020 映画「his」製作委員会

「his」
2020年1月24日(金)より東京 新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
www.phantom-film.com/his-movie
配給: ファントム・フィルム
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015