ニュース

森 大輔が再始動、2年ぶりのライヴを開催

森大輔   2013/07/22 14:50掲載
はてなブックマークに追加
森 大輔が再始動、2年ぶりのライヴを開催
 活動を休止していたシンガー・ソングライターの森 大輔が再始動を果たし、7月20日(土)に東京・神楽坂「THE GLEE」でおよそ2年ぶりとなるライヴを開催しました。

 「お久しぶりです。2年ぶりのライヴで緊張してます!」と、はにかみながらのMCではじまったこの日のライヴ、1曲目に演奏したのは新曲「I've Been Thinking Of You」。これは、8月28日(水)にリリースされる、彼の4年ぶりとなるアルバム『Beauty is yours』の収録曲で全編英語詞、ミディアム・テンポのバラード・ナンバー。

 この日はサポート・メンバーをつけず全曲、ピアノ弾き語り。森の持ち味であるクールなのにソウルフルな唱法とハイトーン・ヴォイスは健在! 2年のブランクを全く感じさせないステージに。

 7月10日に配信がはじまった新曲「on & on & on」は、日本テレビ系『ぐるぐるナインティナイン』のエンディング・テーマとして放送されていることもあって、オーディエンスもクラッピングで参加。アーティスト活動を休んでいる間は、コンポーザーやプロデューサーとして活動していた森。中盤では倖田來未や、EXILE ATSUSHIに提供した楽曲を「ホントはボクが歌いたかった……」と言いながら、さわり部分を披露。また、久保田利伸の新作『KUBOSSA』に収められた共作曲「Smile・Eyes・Cry」を、レコーディング時のエピソードを交えながら、こちらも1コーラスほど披露(久保田のツアーには森もキーボードとコーラスで参加するので、ステージでの共演もあるかも?)。

 セルフカヴァーで和んだ後は、ジャジーなアレンジでスタンダード曲「枯葉」を歌い、会場を大人のムードへ誘う。

 シンガーとして知られる森ですが、3歳の頃からクラシック・ピアノを学び、大学の音楽科を卒業するまで鍛錬し続けた筋金入りのピアノ・マンでもあるだけに、ライヴ後半では、時には優雅に、時にはスイングと、変化自在にピアノを操りながら、初期のナンバーを畳みかける。アンコールは2007年にリリースした究極のバラード「ただ ただ」で締め。2時間弱に及んだステージを終えました。

 9月1日(日)からは4都市でアルバム発売記念ツアーを行なう森 大輔。今後の動きに注目です。

最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015