ニュース

永瀬 廉(King & Prince)主演映画「弱虫ペダル」、坂東龍汰、竜星 涼ら追加キャスト発表

永瀬廉   2020/04/22 13:37掲載
はてなブックマークに追加
永瀬 廉(King & Prince)主演映画「弱虫ペダル」、坂東龍汰、竜星 涼ら追加キャスト発表
 8月14日(金)より公開となる、大人気スポーツ青春漫画を原作とする実写映画「弱虫ペダル」の追加キャストが発表されています。

 既に、主演の小野田坂道役の永瀬 廉King & Prince)、今泉俊輔役の伊藤健太郎、寒咲 幹役の橋本環奈の出演は発表済ですが、このたび公開されたのは、原作でも人気を誇るチーム総北はじめ、本作を彩る個性豊かなキャラクターたちのキャストになります。

 主人公坂道を自転車競技部に誘う同級生、関西出身の“浪速のスピードマン”こと鳴子章吉(なるこ・しょうきち)には坂東龍汰、総北高校自転車競技部の部長で、サングラス姿が高校生とは思えない異彩を放つ金城真護(きんじょう・しんご)には竜星 涼、金城と同じ3年生で、玉虫色の長髪と独特のダンシング(立ち漕ぎ)が特徴の巻島裕介(まきしま・ゆうすけ)には 俊太郎、同じく3年生で、その筋力を生かした“肉弾列車”と呼ばれる走りを得意とする田所 迅(たどころ・じん)には菅原 健、自転車競技部の一年生で、補欠ながら坂道やチーム総北を支える杉元照文(すぎもと・てるふみ)には井上瑞稀(HiHi Jets)、また映画オリジナルキャラクターで、橋本環奈演じる寒咲 幹の父・寒咲幸司(かんざき・こうじ)に皆川猿時が出演します。

 主演を務める永瀬は全員の出演解禁にあたり、「皆で仲良く撮影を乗り切れてよかったです。寒い中過酷な撮影を通して本当のチームのような絆が生まれました!後悔は総北メンバーのクランクアップの日に立ち会えなかったことですが、また集まれる日を心から楽しみにしています!」とコメント。撮影開始前より全員で自転車練習や身体作りを開始し、撮影中も時間があれば集団走行をしていたといいます。

 また、ドラマ『知らなくていいコト』(2020年 / NTV)への出演が話題になったHiHi Jetsの井上瑞稀は、舞台〈JOHNNYS’ IsLAND〉などで永瀬と共演しているものの、映画では初共演。最初は緊張の面持ちでしたが、徐々に共演者たちと仲良くなり、クランクアップの日には思わず寂しさをこぼす場面も。そして、名バイプレイヤーとして活躍し、近年ではドラマ『あなたの番です』(2019年 / NTV)、NHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(2019年)での演技も話題となった皆川猿時は、まさかの橋本環奈の父親役ということで、空き時間には親子ショットを撮影。「目の大きさがちょっと似てる!」とスタッフの中では大盛り上がりでした。

[コメント]
今回、弱虫ペダルに出演が決まったと聞いたときは本当に驚きました、まさか自分が弱虫ペダルに出られるなんて思っても無かったので…とにかく嬉しかったです。実際に自転車にほぼ自分達で乗っての撮影だったので今までしてきたお芝居とはまた違う大変さがあり毎日考えることが沢山でした。でも今回の撮影を通して本当にロードバイクが大好きになりました、撮影が終わった今も乗りたくてたまりません。鳴子章吉という熱くて真っ直ぐなキャラクターを演じさせていただけたこと、青春を素敵なキャストの方々と一緒に作り上げられたこと感謝でいっぱいです。映画館のスクリーンで疾走する姿、是非皆さま楽しみに待っててください!
――坂東龍汰

高校生とは思えない存在感を放つサングラスをかけた部長・金城真護を演じます。まだ寒い中、チーム総北は薄着で必死に走りました。いつのまにか私も初ロードレーサーから本物の選手へと変わり、絶対に諦めない男へと変貌していました。今までとはまた一味違う役柄を劇場でお楽しみ下さい。
――竜星 涼

今回原作ファンとして、見た目も口調も印象の強いキャラクターなので巻島裕介をどう生身に落とし込むか試行錯誤しました。主人公である小野田坂道にとってとても重要な役どころだったので、ミステリアスかつ秘めた熱い部分だったりを皆さんにお見せできたらと思い現場にのぞみました。
―― 俊太郎

「弱虫ペダル」のファンでもあったので、まさか自分が田所迅を演じる事が出来るとは、とても驚きました。原作は、画や台詞を追うだけで息が切れそうになるくらい熱く激しい。その熱量をスクリーンで皆様にお届け出来る事を嬉しく思います。暴走の肉弾頭によるド迫力の走りは映画でも健在です!是非、楽しみにしていて下さい!
――菅原 健

杉元照文役をやらさせていただきました、HiHi Jetsの井上瑞稀です。弱虫ペダルの原作は以前から読んでいたので、出演のお話を聞いた時は驚きと嬉しさでいっぱいでした。実際にロードレーサーに乗っての撮影はかなり難しく、苦労することもありましたが、それ以上にキャストの皆さんとのコミュニケーションを取る時間が本当の部活みたいで楽しかったです!ロードレースのスピード感、総北学園の青春を沢山の方に見て感じていただきたいです!
――井上瑞稀(HiHi Jets / ジャニーズJr.)

えー、皆川猿時、49歳です。私、青春映画が大好物でございまして、はい。そんなわけで、おじさんも若者たちの邪魔にならない程度にキラキラしてみました。ギラギラもしくはギトギトしてたらごめんなさいね。
――皆川猿時

拡大表示


「弱虫ペダル」
2020年8月14日(金)より公開
movies.shochiku.co.jp/yowapeda-eiga
配給: 松竹株式会社
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015