ニュース

ゼブラクイーンに、新たな刺客!?

仲里依紗   2010/04/30 13:57掲載
はてなブックマークに追加
ゼブラクイーンに、新たな刺客!?
 映画『ゼブラーマン-ゼブラシティの逆襲-』の5月1日の公開に先駆けてリリースされた主題歌「NAMIDA〜ココロアバイテ〜」。映画に登場するゼブラクイーン仲里依紗)が歌うこの楽曲、エッジの効いたエレクトロ・トラックと映画と連動した歌詞世界、そしてなにより、ゼブラクイーンの迫力満載のビデオクリップで話題を集めており、実際にビデオクリップのダウンロードチャートのデイリーで1位を記録するなど、話題を席巻!

 各メディアを中心に注目されるゼブラクイーンですが、ここにきて“謎のビデオクリップ”がWEBで目撃されはじめているとか……。流れる楽曲は挿入歌の「ゼブラクイーンのテーマ」。映画の冒頭をテンション高くカオティックに、まさに“ゼブラに染める”この曲をバックに、なぜかオフィスで暴れまくり、クラブイベントで観客を煽りまくる謎のゼブラクイーンの姿!

 明らかに本物のゼブラクイーンとは異なるシルエットだが、やたらにキレのあるダンスとやたらにセクシー?な表情で魅せる、この“謎の”ゼブラクイーン。本物同様に両目のラインを黒く塗りつぶしたメイクに、ボンテージ風の露出の高いコスチュームだが、どこかで見覚えのある顔!

 ……“謎の”ゼブラクイーン、実は演じているのは“ビヨンセ”のパフォーマンスで、お茶の間でもキレのあるダンスを披露している渡辺直美。今回、楽曲と映画のプロモーションの一環でゼブラクイーンに扮し、新たなダンス・パフォーマンスを展開中!

 「カッコいいし、踊りやすい曲」と渡辺本人が言っているように楽曲のテンションにまったく引けをとらないキレのあるダンスとライヴ・パフォーマンスは圧巻。ビデオ・クリップ中のクラブのシークレット・ライヴは4月に都内で行われ、ゼブラクイーンに扮する攻撃的なコスチュームのインパクトもあり、ステージにあがった際大きなどよめきが起こり、そして、それが渡辺だと分かった瞬間にさらに大きな歓声が沸き、ステージに観客が押し寄せる状況となっていた模様。

 やたらにテンションの高いトラックと、「5分だけ、5分だけ、スッキリしたいわ」と連呼される謎の歌詞、そしてなにより渡辺の圧倒的なダンスで一気にヒートアップした会場の映像は、ぜひこのビデオ・クリップでチェック!

 渡辺直美は「ダンスとセクシーさは仲さんに負けてないと思います(笑)」とコメントしており、「機会があるなら是非本物のゼブラクイーンと対決してみたいです」と挑戦状も!? 映画公開も目前、ますます盛り上がりを見せるゼブラクイーンに注目です!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015