ニュース

ネイザン・イースト、ビッグ・ネームが一堂に会したキャリア40年目の1stソロ作の全容が明らかに

ネイザン・イースト   2014/02/21 20:30掲載
はてなブックマークに追加
ネイザン・イースト、ビッグ・ネームが一堂に会したキャリア40年目の1stソロ作の全容が明らかに
 現在エリック・クラプトンのツアー・メンバーとして来日中、4月にはTOTOのツアーでもベーシストとして再度来日予定のネイザン・イースト(Nathan East)。そんな彼のキャリア40年目にして初となるソロ・アルバム『ネイザン・イースト』が3月19日(水)に発売。国内盤の全容が明らかになりました。

 40年間にわたって数々の名盤を支えた彼の、初のソロ・アルバムとあって、名だたる友人たちが集結。エリック・クラプトンをはじめ、〈グラミー賞〉の授賞式ではキャロル・キングとの共演でも話題となったサラ・バレリスや、同じくグラミーで共演したスティーヴィー・ワンダー、さらにはマイケル・マクドナルドチャック・ローブレイ・パーカーJr.、TOTOとしてともに来日予定のデヴィッド・ペイチなど、錚々たるメンバーが参加しています。

 また、世界先行発売となる日本国内盤には、日本盤にしかCD収録されない楽曲が2曲含まれており、そのうちの1曲「Finally Home」はネイザンが20年にわたってその作品に参加してきた小田和正が、このプロジェクトのために書き下ろしたもの。ネイザン自身が歌詞をつけ、優しいハイトーン・ヴォイスで歌い上げるバラードに。

 そして日本盤ボーナストラックとして用意された「Four On Six」は、ウェス・モンゴメリーのカヴァーで、ジャズ・ファンには嬉しいプレゼントなのでは。

 長きにわたって音楽シーンを支えてきたベーシスト、ネイザン・イーストの初ソロ・アルバムは、2014年の春に起こったポピュラー音楽史上の“事件”とも言えるような豪華な作品に仕上がっています!

ネイザン・イースト


■3月19日(水)発売
ネイザン・イースト
『ネイザン・イースト』

YCCW-10217 2,500円 + 税

[収録曲]
01. 101 Eastbound
02. Sir Duke
03. Letter From Home
04. Moondance(ft. Michael McDonald)
05. I Can Let Go Now(ft. Sara Bareilles)
06. Daft Funk ft. Byron“Mr. Talkbox"Chambers
07. Sevenate(ft. Chuck Loeb)
08. Can't Find My Way Home(ft. Eric Clapton)
09. Moodswing
10. Overjoyed(ft. Stevie Wonder)
11. Yesterday(duet with Noah East)
12. Finally Home(小田和正氏 提供[作曲], 日本盤にのみ収録)
13. Madiba(ft. David Paich)
14. America the Beautiful
15. Four On Six(日本盤ボーナストラック)

TOTO来日公演情報
4月23日 名古屋市公会堂
4月24日 大阪 フェスティバルホール
(追加公演)4月26日・27日 東京ドームシティホール
4月28日 東京 日本武道館
4月30日 仙台 東京エレクトロンホール宮城
5月2日 札幌 ニトリ文化ホール

※詳細情報・チケット情報
www.udo.jp/Artists/Toto/index.html
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015