ニュース

西川貴教と布袋寅泰とのタッグによる新曲が「映画刀剣乱舞」主題歌に決定 楽曲入り予告映像公開

西川貴教   2018/12/20 13:04掲載
はてなブックマークに追加
西川貴教と布袋寅泰とのタッグによる新曲が「映画刀剣乱舞」主題歌に決定 楽曲入り予告映像公開
 西川貴教T.M.Revolution)と布袋寅泰とのタッグによる新曲「UNBROKEN(feat. 布袋寅泰)」が、2019年1月18日(金)公開の映画「映画刀剣乱舞」の主題歌に起用されることが決定。同楽曲をバックに、刀剣男士たちの圧巻アクションが展開される「映画刀剣乱舞」の本予告映像がYouTubeにて公開されています。

 T.M.Revolutionによるセルフ・カヴァー・ベスト・アルバム『UNDER:COVER 2』に布袋がゲストで参加したり、NHK Eテレ『クラシカロイド』でコラボレートしたりと、かねてより親交のあった2人。今回、西川からの熱烈なオファーに布袋が応える形でこの豪華タッグが実現しました。

 「映画刀剣乱舞」のために書き下ろされた「UNBROKEN(feat. 布袋寅泰)」は、映画のストーリーの軸である“主と刀剣の決して壊れることのない絆”を歌詞で描き、戦いに命を懸ける刀剣たちの生きざまを迫力あるサウンドで表現。西川貴教の魂のヴォーカルと布袋寅泰の渾身のギター・プレイの真っ向勝負が織りなす“壮大な戦いの曲”に仕上がっています。

 同曲でのコラボレーションについて、西川は「布袋さんとのレコーディング作業は刺激的で、ギターの音色、フレーズのひとつひとつが斬撃、ギター・ソロはまさに立ち廻りの様でした」、布袋は「様々な顔を持つ西川貴教だが、彼の本気のシャウトを侮ってはいけない。数少ない本物のヴォーカリストだ」と、それぞれコメントしています。

主題歌を担当するにあたり、これまでにない新たな試みと意気込みの詰まった本映画に相応しい楽曲にすべく、布袋寅泰という最強のサーヴァントを召喚させていただきました! ツアー真っ最中のお忙しい中でしたが、僕のリクエストを快く引き受けてくださったことに感謝しかありません。布袋さんとのレコーディング作業は刺激的で、ギターの音色、フレーズの1つ1つが斬撃、ギター・ソロはまさに立ち廻りの様でした。その唯一無二のギターに、僕も全力のヴォーカリゼーションで挑んでおりますので、ぶつかり合う2人のバトルにもご期待ください!
――西川貴教

西川くんとは今まで何度か音楽作りを共にしたが、ここまでガッツリ向き合ってコラボレーションしたのは初めてだ。『刀剣乱舞』の華やかに歌舞いた世界観と、西川くんのパワフルで疾走感のあるシャウトが、嵐に舞うサクラのように妖艶で、ドラマチックに絡む。僕のギターも忍術のように変幻自在で切れ味の良いプレイができた。様々な顔を持つ西川貴教だが、彼の本気のシャウトを侮ってはいけない。数少ない本物のヴォーカリストだ。
――布袋寅泰



「映画刀剣乱舞」
2019年1月18日(金)より全国ロードショー
touken-movie2019.jp
 
出演: 鈴木拡樹 / 荒牧慶彦 / 北村諒 / 和田雅成 / 岩永洋昭 / 定本楓馬 / 椎名鯛造 / 廣瀬智紀 / 山本耕史 / 八嶋智人 ほか
監督: 耶雲哉治
脚本: 小林靖子
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015