ニュース

西本智実とイルミナートフィルハーモニーオーケストラがヴァチカン国際音楽祭に正式招聘!

西本智実   2013/05/17 14:52掲載
はてなブックマークに追加
西本智実とイルミナートフィルハーモニーオーケストラがヴァチカン国際音楽祭に正式招聘!
 西本智実と、彼女が芸術監督兼首席指揮者を務めるイルミナートフィルハーモニーオーケストラが、ヴァチカン国際音楽祭に正式に招かれました。アジアのオーケストラとしては、はじめての出演になります。

 ヴァチカン国際音楽祭は、サン・ピエトロ大聖堂をはじめとするヴァチカン領内およびローマ市内のヴァチカン直轄のキリスト教礼拝施設を会場に、毎年秋に開催されている音楽祭。2002年、ヨハネ・パウロ2世の在位中に第1回が催され、今年で第12回目を数えます。

 第1回から毎年のようにホスト・オーケストラとしてウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が招かれており、ほかにも世界に名だたるオーケストラが多数出演しています。

 このような聖地で音楽を演奏して神に捧げるという音楽祭は他に例がなく、とくにサン・ピエトロ大聖堂といったカトリックの総本山と、世界最高レベルの音楽とのコラボレートは見事で、これまで多くの観客から大喝采を得てきました。

 今年は、アルゼンチン出身の新たな教皇、フランチェスコ1世のもとではじめて開催されます。

 そして、この音楽祭参加のため新たにイルミナート合唱団が結成されることになりました(期間限定の特別編成)。ともに音楽の力を信じ、感動を分かち合う仲間を広く募集します。詳細は、2013年ヴァチカン国際音楽祭日本実行委員会の公式ホームページをご覧ください。

 西本智実指揮するイルミナートフィルハーモニーオーケストラは、11月9日にサン・パオロ大聖堂、11月10日にサン・ピエトロ大聖堂にてコンサートを行ないます。鑑賞ツアーも組まれるとのこと。一生の思い出に残るコンサート体験になることでしょう。

2013年 ヴァチカン国際音楽祭日本実行委員会 公式ホームページ
www.arzart.jp

写真提供:2013年ヴァチカン国際音楽祭日本実行委員会
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015