ニュース

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズの初単独公演が決定!

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ   2011/10/12 16:31掲載
はてなブックマークに追加
ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズの初単独公演が決定!
 オアシス、衝撃の解散から約2年―。世界中の音楽ファンが待ち望んだ元オアシスのノエル・ギャラガー(Noel Gallagher)による初めてのソロ・プロジェクト“ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ”による同名デビュー・アルバムが、世界に先駆けここ日本でついに本日10月12日先行発売となります。何にも捉われることなく心から音楽を楽しむというプロセスの中、「魂から生まれてきた」という曲ばかりが収録されているというノエルのソロ・デビュー・アルバム『ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ』(日本盤はボーナストラック2曲を含む全12曲が収録!)。本国イギリスでも数々の表紙を飾り、“破格のデビュー・アルバム” “英国最高峰ソングライターが生み出した最高傑作”“最高のアーティストとしての地位を確固とするデビュー・アルバム”と絶賛の嵐が巻き起こっています。

 その話題のデビュー作を引っ提げて、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズとしての初単独公演が、来年1月16日(月)、17日(火)に東京ドーム・シティ・ホールにて行なわれることが決定し、本日発表となりました。先立って発表されているイギリス、ヨーロッパ、そして全米でのツアーはすでに軒並みソールド・アウトとなっており、世界中での期待度の高さを伺わせる中、先日行なわれたインタビューでライヴについて訊かれると、「日本には絶対に行くよ!」と勢いよく答えてくれていたノエル。「でもライヴを“見に”きてほしくはないね。“見る”べきものは何もないから。俺はダンスもできないし、手品も出来ない。ステージにはピエロもいないからな。ステージにあるのは俺と、俺の歌だけ。会場に来て座っているみんなに、ただ歌って聴かせる歌があるだけなんだ。わかるだろ?」
 弟リアム・ギャラガー率いるビーディ・アイ(www.sonymusic.co.jp/beadyeye)が、サマーソニック2011に続き先月には単独公演を果たし熱いライヴを一足早く披露してくれたばかりですが、リアムは彼らのライヴではオアシスの楽曲パフォーマンスは当面の間一切しないと公言。一方、ノエルは「(ライヴでは)オアシスの曲もやるよ。俺の曲だし、俺が書いたもので、誇りに思っているからね。ほかの人にとっても大切な曲になっていることも誇りに思うし、俺のやってきたコトと併せての位置づけにも誇りを感じている。“ドント・ルック・バック・イン・アンガー”とか“マスター・プラン”という曲をやらないギグは考えられないね!」とオアシスの楽曲も歌うことを宣言しています。また、ライヴ全体がどのような内容になるのかという質問に対して、「それは俺もまだわからないけど、俺は話すこともそんなないし、ただステージに上がって、曲を演奏して、オアシスの曲も何曲かやって、みんなで大合唱して、みんなで拍手して、“いいライヴだったね”と言いながらみんなが会場を後にする、そんなライヴにしたいね。ライヴ演出とかはまだわからない。でも、曲だけで十分楽しめるものであってほしいと思っているよ」とライヴにかける意気込みを語っています。

 オアシス解散から2年以上経ち、ようやくここ日本に帰ってきてくれる兄貴ノエルの日本初ライヴ。演出こそ当日のお楽しみと言ったところですが、「イフ・アイ・ハッド・ア・ガン」「ザ・デス・オブ・ユー・アンド・ミー」をはじめとするソロ・デビュー・アルバムからの新曲をノエルが初めて日本のファンに向かって歌ってくれるということ、そして「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」を始めとするオアシス時代の名曲を一緒に歌えるということ――そのふたつが確実にあるだけで、感無量の瞬間が次々と押し寄せてくるライヴになることは明白でしょう。発売直後にチケット即完必至の貴重なライヴとなることは間違いありません。


【来日公演情報】
●日時:2012年1月16日(月)&17日(火)
●会場:東京 TOKYO DOME CITY HALL(旧:JCB HALL)
●時間:開場18:00 / 開演19:00
●料金:7,000円(前売り・1Fスタンディング・2F&3F指定席 / ドリンク代別途
チケット一般発売:11/5(土)よりプレイガイドにて発売開始
SMASH:smash-jpn.com/band/2012/01_noelgallagher
Info: 03-3444-6751(SMASH)
 
【アルバム情報】

※発売中
『NOEL GALLAGHER’S HIGH FLYING BIRDS | ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ』
初回限定(CD+DVD:SICP-3275-6 税込3150円) 
通常盤(CD:SICP-3277 2520円円)
*日本盤ボーナストラック2曲収録(初回限定、通常盤共通)
 
●リード・シングル「イフ・アイ・ハッド・ア・ガン」 ビデオ、着ムービーは本日10月12日より配信!

 
着うた(R)、着うたフル(R)配信中!【PC/モバイル】
PC配信中の2曲入りシングルにはアルバムには収録されないカップリング曲「I'd Pick You Every Time」も収録!

【ノエル・ギャラガー バイオグラフィー】
‘91年にイギリスはマンチェスターにて結成された、英国史上ビートルズ以来の最強ロック・グループと評される「オアシス」のメイン・ソングライター/シンガー/ギタリスト。2009年8月にノエルがオアシスを脱退し、バンドは惜しまれつつもその軌跡にピリオドを打った。その後、オアシスでメイン・ヴォーカルを務めていた弟リアム・ギャラガーは自身の新バンドであるビーディ・アイで一足早く活動を再開していたが、遂に2011年秋、ノエル・ギャラガー待望のソロ・プロジェクトが始動!初ソロ・アルバム『NOEL GALLAGHER’S HIGH FLYING BIRDS』は、世界に先駆けここ日本で10月12日に遂に発売!

 
【リンクURL】
www.noelgallagher.com
twitter.com/#!/NoelGallagherJp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015