ニュース

大橋トリオ、広末涼子の主演ドラマ『スターマン・この星の恋』の音楽をプロデュース

大橋トリオ   2013/07/04 15:22掲載
はてなブックマークに追加
大橋トリオ、広末涼子の主演ドラマ『スターマン・この星の恋』の音楽をプロデュース
 きたる7月9日(火)より放送開始となる関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『スターマン・この星の恋』(毎週火曜22:00〜放送)。劇中で流れる音楽は、“髭とハットの音楽家”こと大橋トリオが制作&プロデュースを手掛けています。

 『スターマン・この星の恋』は、17年ぶりの連ドラ出演となる広末涼子を主演に、監督は『劇場版 SPEC〜天』や『20世紀少年』でお馴染みの堤 幸彦、脚本は『最後から二番目の恋』『阪急電車』の岡田恵和。肝っ玉シングル・マザーと謎の青年が織りなす、ラブ・ロマンスが展開されます!

 大橋トリオは、ロック〜フォーク〜ジャズとバラエティ豊かな楽曲でドラマを彩るほか、劇中ではデヴィッド・ボウイの名曲「スターマン」をカヴァー! これは、堤監督との最初の打ち合わせで、冗談交じりにカヴァーができれば……と話していたのが実現したもの。このカヴァーを聴いた堤監督は「某洋楽有名シンガーが歌っているんじゃないかと思わず耳を疑ってしまうぐらい出来上がりが素晴らしかった。まさに新しいイメージの洋楽とも言える」と語っており、「原曲の切ないイメージはそのままに、アレンジはまさに大橋トリオさんならでは。これが主人公たちの感情に絡まってくると、いい化学変化を起こすんです。21世紀と70年代を大橋トリオさんが結んでくれたといっても過言ではありません」と絶賛! このカヴァーは7月9日放送の初回でも流れる予定で、今後も随所で使用されるとか。

 また、「大橋トリオさんが書いてくれた劇版の音楽もこれまた深いというか素晴らしい。重すぎず、軽すぎず。ドラマの編集上がりを見たんですか?と思うくらい、映像とハマるんです。センスが良くて、本当に幸せなドラマです」と言葉を寄せています。

 大橋トリオも今回の経緯について、「前回の『ハングリー!』スタッフさんにお声かけしていただき、今回『スターマン・この星の恋』のドラマ音楽を作らせて頂くことになりました。ライヴ・ツアー中と重なってしまった時期でしたので、少しためらいもあったのですが、堤監督が演出されるということで、はじめにお会いさせて頂いた際に自作のCDも気に入っていただき、デモ曲も“いい感じだ”ということでしたので、僕からも、ちょっと提案しようと“デヴィッド・ボウイの「スターマン」のカヴァーとかってどうですか?”って聞いたら、“聴いてみたい”っておっしゃってもらいました」と語っています。

 大橋トリオによる「スターマン」のカヴァーは、7月31日(水)よりiTunesで先行限定配信がスタート! ドラマと合わせてチェックを。

※関西テレビ・フジテレビ系 毎週火曜22:00放送
『スターマン・この星の恋』
初回放送 7月9日(火)22:15〜スタート(10分拡大)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015