ニュース

【先行試聴会ご招待】プログレッシヴ・メタル至宝OPETH、待望のニュー・アルバムをリリース!

オーペス   2011/07/14 15:12掲載
はてなブックマークに追加
 スウェーデンが誇る当代プログレッシヴ・メタル最高峰バンド、OPETH(オーペス)。彼らが『Watershed』以来約3年ぶりとなる待望のニュー・アルバム『Heritage』をリリース! 国内盤(WPCR-14191 税込2,580円)の発売が9月14日に予定されています。

 プログレッシヴ・メタル・ファンのみならず、トラディショナルなプログレッシヴ・ロック愛好者からブラックメタル、ポスト・ハードコアのファンまでも巻き込み、孤高の存在として君臨する至宝、OPETH。毎回驚きと感動を届けてくれる彼らですが、本作ではこれまでとはまた一味違ったアプローチを聴かせてくれるようです!

 今回は首謀者Mikael Akerfeldt(vo, g)自らがプロデュースを担当。Mikaelも名を連ねるストックホルム・スタイル・デスメタルBLOODBATH(ブラッドバス)や、盟友KATATONIA、James LaBrie(ジェイムズ・ラブリエ)Devin Townsend(デヴィン・タウンゼンド)作品などで知られるJens Bogrenが録音を手がけています。そして、ミックスを務めているのがPORCUPINE TREE(ポーキュパイン・ツリー)の頭脳、Steven Wilson(スティーヴン・ウイルソン)。名作の呼び声高い2001年作『Blackwater Park』でのコラボレーターが再び相見えるという事実だけで、思わず胸が高鳴ってしまう方も多いのではないでしょうか。本作完成後に脱退したPer Wiberg(Key)がぽろりと落ちてしまっているのがちょっと寂しい気もする、鬼才Travis Smithによるユーモアと70sテイスト満点のカヴァー・アートにも注目です。

【先行試聴会ご招待】
 本作の発売に先駆けること1ヵ月以上前の8月2日(火)、東京・港区某所にて『Heritage』先行試聴会が行われます。こちらの試聴会に、3度のメシよりOPETHが好きでたまらんCDジャーナル読者4名様をご招待!OPETHのニュー・ワールドをいち早くご堪能いただけるチャンスです!プレゼント・コーナーより、奮ってご応募ください!応募締切は7月24日(日)。OPETH愛アピールのご記入もお忘れなく!


OPETH
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015