ニュース

数々の伝説のライヴ映像がスクリーンで蘇る「尾崎豊を探して」2020年1月公開

尾崎豊   2019/09/10 12:41掲載
はてなブックマークに追加
数々の伝説のライヴ映像がスクリーンで蘇る「尾崎豊を探して」2020年1月公開
 尾崎 豊のデビュー当時から20代前半の圧巻のライヴ映像と貴重な映像記録で構成された「尾崎豊を探して」が、「ライブ・ビューイング・プレミアム」として2020年1月に全国公開されることが決定。ポスター・ヴィジュアルと本編特別映像が公開されています。

 人がつくりあげたルールの中で生きていく苦悩を歌に託し、“優しさとは何か、愛するとは何か”を求め続け、わずか26歳の若さで夭折した尾崎 豊。本作は、新宿ルイードの初ライヴをはじめ、地方公演、アメリカ・ニューヨーク、大阪・難波 大阪球場、東京・国立代々木競技場でのライヴからなにげない日常まで、400時間にも及ぶ映像記録から断片を拾い集めて糸を紡ぐように寄り合わせた、今を生きるすべての若者と、同時代を生きてきた永遠の青春に捧げる感動のオマージュ作品です。「卒業」「I LOVE YOU」「シェリー」「15の夜」など、今なお宝石のような輝きを放つ尾崎の歌は何を伝えようとしていたのか。映像作家・佐藤 輝の執念に突き動かされた編集作業を経て、初めて陽の目をみるありのままの尾崎 豊が捉えられています。

 本作のプロデューサーを務めた須藤 晃は、「泣きながら『卒業』を歌う尾崎の映像を初めて見た。そこに彼の隠しきれない秘密を見た気がした。彼を追いかけているだけの時間だった気がする。絶対に追いつかない、捕まえようとするとふっと消えてしまうような。彼の言おうとすることを作品に落とし込むことだけに必死だった。正体を見たことはなかったんじゃないかと不安になったことが何度もある。尾崎 豊の人生にまっすぐ真剣にぶつかってケジメをつける。青くさいですが、それが大人としての僕たちの責任だと思います」とコメントを寄せています。


©2019「尾崎豊を探して」製作委員会

「尾崎豊を探して」
2020年1月より全国公開
ozakisagashite.jp
配給: 東京テアトル / ライブ・ビューイング・ジャパン
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015