ニュース

パトリツィア・コパチンスカヤが“歌う”「月に憑かれたピエロ」がCDに

パトリシア・コパチンスカヤ   2021/02/24 13:51掲載
はてなブックマークに追加
パトリツィア・コパチンスカヤが“歌う”「月に憑かれたピエロ」がCDに
 ヴァイオリニストのパトリツィア・コパチンスカヤがピエロの衣装をまとって歌を歌い、ベルリン・フィルハーモニーほか欧米各国で披露したシェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」。この公演を収録するCD『シェーンベルク:月に憑かれたピエロ、幻想曲、6つの小さなピアノ曲 / ウェーベルン: 4つの小品 他』が4月9日(金)に発売されます。2019年12月、スイスのチューリヒ放送スタジオにて録音。付属する95頁のブックレットには、公演写真や資料図版などを掲載。日本盤には日本語解説と歌詞対訳が付きます。

 演奏はコパチンスカヤの他、ミーサン・ホン(vn, va)、ジュリア・ガレゴ(fl)、レト・ビエリ(cl)、マルコ・ミレンコヴィチ(va)、トーマス・カウフマン(vc)、ヨーナス・アホネン(p)。

 このシェーンベルクの問題作は、5人の奏者による室内アンサンブルと、「語るように歌う」シュプレヒゲザング(あるいはシュプレヒシュティンメ)と呼ばれるソロのために書かれおり、現在はソプラノ歌手がソリストを務めることが多く、演奏至難なことで知られています。コパチンスカヤのアプローチは、歌うことよりも演劇的にダイナミックな表情を付けて語ることに主眼が置かれており、これは、この作品を委嘱し初演したアルベルティーネ・ツェーメが歌手ではなく女優であったことを踏まえると、彼女なりに原点を追求した形と言えるかもしれません。時に叫び声に近い激しい表現を加えながらも、コパチンスカヤが持つ音楽的な下地がその芸術性をしっかりと支えており、彼女の、そして作品の新たな魅力を堪能することの出来る素晴らしい出来栄えとなっています。

 CDには「月に憑かれたピエロ」のほか、シェーンベルクの「ヴァイオリンとピアノのための幻想曲 Op.47」「6つの小さなピアノ曲」、ウェーベルンの「4つの小品」、クライスラーの「ウィーン小行進曲」、シェーンベルクが編曲したヨハン・シュトラウスの「皇帝円舞曲 Op.437」を収録。コパチンスカヤは「月に憑かれたピエロ」以外ではヴァイオリンを弾いています。

ナクソス・ジャパン
naxos.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子
[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様
[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る
[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー
[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”
[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター[インタビュー] アンドレア・ボチェッリ、ロックダウン中の心境を反映した、安らぎの新作『Believe〜愛だけを信じて』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015