ニュース

ポール・ギルバート、初のインスト・アルバムを発売に

ポール・ギルバート(Paul Gilbert)   2006/06/01掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 レーサーXMR.BIGで活躍したギタリスト、ポール・ギルバートがインストゥルメンタル・アルバムを発表します。タイトルは『ゲット・アウト・オブ・マイ・ヤード』。

 意外なことに、彼にとってインスト・アルバムは初の試み。これまでのソロ・アルバム(写真は2002年の『バーニング・オルガン』)はいずれもザ・ビートルズからの影響を強く感じさせる、ポップ・ロックとも言うべき作風でした。もともとはテクニカル系のギタリストとして注目を浴びただけに、インストという方向性を喜ぶファンも多いことでしょう。なんでも、今年はポールがギターを始めて30周年なんだとか。ポールは「だからヴォーカル・マイクをしまってギター・ミュージックという芸術に専念する。それがお祝いだ!」とコメントしています。

 内容に関しては、ほとんどがヘヴィ・ロックながら、アコースティックもあればハイドンの交響曲をギターで再現したナンバーもあるという、ギタリストとしての彼の魅力が満載になっている様子。さらに、各曲のタイトルが繋がっており、結果的に自身の音楽とギター・スタイルを基にしたコンセプト・アルバムになったとのことです。国内盤(IECP-10061 税込\2,625)の発売は7月26日の予定。思う存分弾きまくっていることを期待しましょう!

●『ゲット・アウト・オブ・マイ・ヤード』収録曲
01. Get Out of My Yard
02. Hury Up
03. I Mean It
04. Or You Will Go Flying
05. Straight Through That Telephone Pole
06. And When You Wake Up
07. The Only Cure For Your Spinning Head
08. Will Be a Road Trip
09. To
10. The Great City of Los Angeles
11. Where You Will See a Doctor
12. Who Will Examine Your Head
13. And
14. With the Confidence That Comes From From Experience
15. Tell You on No Uncertain Terms
16. To Give Some Respect to the Geezers
17. You Kids!
続報
ポール・ギルバートのインスト作、正式な収録曲が判明
正式な収録曲が判明しました。

01. ゲット・アウト・オブ・マイ・ヤード
02. ハリー・アップ
03. ザ・カース・オブ・キャッスル・ドラゴン
04. ラディエーター
05. ストレイト・スルー・ザ・テレフォン・ポール
06. マリーン・レイヤー
07. トゥエルブ・トゥエルブ
08. ラスティ・オールド・ボート
09. ジ・エコー・ソング
10. フル・タンク
11. マイ・ティース・アー・ドラム・セット
12. ハイドン交響曲88番第4楽章
13. スリー・イーズ・フォー・エドワード
14. ユー・キッズ
15. ハリー・アップ (STUDIO LIVE VERSION)
[ 2006/06/30掲載 ]
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015