ニュース

ロバート・フリップ絶賛! ポーキュパイン・ツリー日本デビュー

ポーキュパイン・ツリー(Porcupine Tree)   2006/02/03掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 あのロバート・フリップキング・クリムゾン)が「間違いなく現在のイギリスで最も高い音楽性を持っている」と絶賛した、プログレッシヴ/テクニカル・ロック・バンドが日本デビューを果たします。その名はポーキュパイン・ツリー

 彼らは1987年に英国で結成。91年に『On The Sunday Of Life』でデビューを果たしていますので、キャリアはすでに20年近くになるバンド。マニアの間では有名で、“ピンク・フロイドドリーム・シアターのギャップを埋める”と高い評価を得ています。現代的なヘヴィなギターを聴かせたかと思えば、メロトロンを駆使し、メロディ・センスを垣間見せるなど、楽曲の完成度は非常に高く、なぜこれまで国内盤が出ていなかったのかが不思議なほど。

 今回日本でも発売となる『デッドウィング』(写真)は、US盤は昨年5月にリリース済み(DVD-Audio版もあり)。“メタル・クリムゾン”やドリーム・シアターがお好きな方なら、間違いなくフェイヴァリットのひとつになるでしょう。国内盤(IECP-10017 税込\2,625)の発売は、WHDエンタテインメントより3月24日の予定です。

●『デッドウィング』収録曲
01. Deadwing
02. Shallow
03. Lazarus
04. Halo
05. Arriving Somewhere
06. Mellotron Scratch
07. Open Car
08. The Start Of Something Beautiful
09. Glass And Shattering
※日本盤ボーナス・トラック収録予定
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015