ニュース

クアイフ、5季連続で名古屋グランパスのオフィシャル・サポート・ソングを担当

クアイフ   2020/01/14 13:41掲載
はてなブックマークに追加
クアイフ、5季連続で名古屋グランパスのオフィシャル・サポート・ソングを担当
 森 彩乃(vo,key)、内田旭彦(b)、三輪幸宏(ds)からなる3ピース・バンド、クアイフが、1月13日に行なわれた〈名古屋グランパス新体制発表会2020〉にて新たに制作されたオフィシャル・サポート・ソングを初披露しました。

 クアイフがグランパスのオフィシャル・サポート・ソングを担当するのは、2016〜2017シーズン「Don’t Stop The Music」、2018シーズン「未来emotion」、2019シーズン「Viva la Carnival」に続き5季連続で、「Salvia」と名付けられた同曲は、“家族愛”や“燃える思い”という花言葉を持つサルビアをモチーフに、チームとサポーターという家族が勝利に向かって突き進む想いを書き下ろした楽曲。グランパスとコラボレーションしたユニホーム姿で登場したクアイフが熱のこもったパフォーマンスを披露すると、会場は割れんばかりの拍手に包まれました。

 クアイフは、「私たちがオフィシャル・サポート・ソングを担当させていただくのも5シーズン目となります。今季も音楽を通じてグランパスに関わることができて光栄です。チームを愛する“ファミリー”の一員としての想いをこの曲に詰め込みました。赤いサルビアの花言葉=家族愛、燃える思い。その花言葉のようにスタジアムを真っ赤な花で鮮やかに咲き誇れるよう、今シーズンも私たちの音楽を届けます!」とコメント。「Salvia」は2020シーズンのグランパスホームゲーム会場やイベントなどで使用されます。

 また、1月29日(水)愛知・今池Tokuzoから、3月7日(土)に東京新宿歌舞伎町界隈14会場にて行われる〈見放題東京2020〉までのライヴ・スケジュールが公開中。詳細はオフィシャル・サイトをご確認ください。

拡大表示
拡大表示
拡大表示


名古屋グランパス公式サイト
nagoya-grampus.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー!
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015