ニュース

実力派ギター・カルテット、クアトロ・パロスが〈スーパー・リクライニング・コンサート〉に登場

Quattro Palos   2019/01/16 12:34掲載
はてなブックマークに追加
実力派ギター・カルテット、クアトロ・パロスが〈スーパー・リクライニング・コンサート〉に登場
 コンサートホールとして世界初のリクライニング・シートを導入した東京・富ヶ谷 Hakuju Hallの人気シリーズ〈スーパー・リクライニング・コンサート〉の142回目となる〈第142回 スーパー・リクライニング・コンサート クアトロ・パロス ギター・カルテット リサイタル〉が2月13日(水)に開催されます。

 クアトロ・パロスは、同ホールで開催された若手ギタリストの登竜門〈第12回 Hakuju ギター・フェスタ 2017“旬のギタリストを聴く”〉に出演し、大好評を博した実力派ギター・カルテット。クアトロ・パロスという名は、イタリア語とスペイン語の造語で“4つの帆柱を持つ巨大な船”を意味し、“四重奏の可能性の限界へ向かって航海する、4本のマストを持つ大きな船”をイメージして付けられました。

 本公演では、親しみやすいなかにも特殊奏法が多用されたギター・カルテット曲であるディアンスの「ハムサ」や、ブラジルの鬼才ジスモンチの楽曲を題材にしたブローウェルの「ジスモンチアーナ」、美しいメロディのギター曲を多数作曲した日本のギタリスト、佐藤弘和の「東京湾岸高速」「光の街」などを演奏予定。新しいギター重奏の世界を目指す4人による、彩り豊かな音の綾が描かれます。

©Etsuko Kawamura

第142回 スーパー・リクライニング・コンサート
クアトロ・パロス ギター・カルテット リサイタル
ギターの殿堂で奏でるアンサンブルの魅力


2019年2月13日(水)
15:00〜 / 19:30〜
各回全席指定リクライニング 2,000円(税込)
※約1時間
※休憩なし


[曲目]
ディアンス: ハムサ
ブローウェル / マタラッツォ編: 「ジスモンチアーナ」より“水とワイン”
佐藤弘和: 東京湾岸高速
佐藤弘和: 光の街


[出演]
クアトロ・パロス(ギター・カルテット)[齊藤泰士、多治川純一、萩野谷英成、前田司(g)]
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー!
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015