ニュース

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、約6年ぶりの単独来日ツアーより東京公演のライヴ・レポートが公開

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ   2024/02/09 13:37掲載
はてなブックマークに追加
クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、約6年ぶりの単独来日ツアーより東京公演のライヴ・レポートが公開
 昨年、最新作『In Times New Roman...』をリリースしたクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ(Queens of the Stone Age)が、約6年ぶりとなる単独来日公演を2月5日(水)大阪・Zepp Nambaと2月7日(水)に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて開催しました。

 現在の編成で再現されたデビュー・アルバムの冒頭曲「Regular John」から始まり、前々作『...Like Clockwork』の楽曲を交えながら最新アルバムの楽曲を披露。「No One Knows」をはじめとした代表曲も多く演奏されたほか、MCなどで微笑ましい場面が見られ、興奮と楽しさに満ちたライヴとなりました。

[オフィシャル・レポート]
 昨年、最新作『In Times New Roman...』をリリースしたQueens of the Stone Age(以下QOTSA)が、待望の再来日を果たした。前作『Villains』を2017年にリリースした際には、同年にフジロック、翌2018年にサマーソニック出演+単独公演と続けて来てくれていたので、6年ぶりとなる新作でも早々に日本公演が実現したのは、本当に嬉しい。

 7日に行われたTOKYO DOME CITY HALLでのライヴは、「Regular John」でスタート。2022年にオリジナル仕様でリイシューされたデビュー・アルバムの冒頭を飾るナンバーだ。彼らの歴史が始まったばかりの頃の曲が、中心メンバーのジョシュ・ホーミ(Vo/G)を筆頭に、トロイ・ヴァン・リューウェン(G/Vo)、ディーン・フェルティータ(G/Key)、マイケル・シューマン(B/Vo)、ジョン・セオドア(Dr)という現在の編成で再現されるのを体感するだけで、なんだか胸が熱くなってくる。十分に温まったオーディエンスに向けて、間髪を入れず人気曲の「No One Knows」がブチ込まれると、たちまちフロアは沸騰したかのような興奮に包まれた。その後しばらくは、最新アルバムからの曲に、前々作『...Like Clockwork』を混ぜ込みながら披露していく流れが続き、グイグイくるグルーヴが刺激的な「Smooth Sailing」や、基本のビートと独特の絡み方をする3拍子系のギターリフ(ライヴではトロイがスライドバーをつけたまま、ずっと弾いていた)が印象的な 「Time & Place」などが、生演奏でさらに生々しいダイナミズムを発揮していく。

 中盤のハイライトを担った、ダンサブルでキャッチーなヒット・シングル「The Way You Used to Do」では、キックドラムが壊れてしまうトラブルが発生。しかしジョシュは慌てるような様子は一切なく、「何か適当にサントラ風なの弾いててよ」と無茶ぶり(?)すると、トロイが007のテーマをさらっと披露してみせる。それを受けてのメンバー紹介コーナーでは、「トロイ・ヴァン・リューウェン、ダブルオー5と1/2」とかジョークにする余裕っぷり。そうこうしてる間に、ドラムはしっかりと修理されたが、2013年に加入以来、すっかりQOTSAに馴染んだ感のあるジョン・セオドアの、ドラマーとしてのパワーを改めて実感させられたりもした。マイキーのバキバキしたベースと合わせて、リズム隊の低音がズドンと響く上に、ギターのアンサンブルやヴォーカルワークが駆け巡る音響に関しても素晴らしかったと思う。

 また、この日チケットが完売したスタンディングアリーナには熱心なファンも多かったようで、いわゆる「ディープカッツ」な選曲と言える「Into the Hollow」や、「I Think I Lost My Headache」にも、ちゃんと反応があったことも頼もしかった。そんな観衆に、ジョシュはたびたび「Have a good time?」とMCで問いかけていたが、「Make It Wit Chu」で女性に合唱させる場面で、野郎どもも歌ってしまった時の微笑ましいやり取りは、場内を満たす親密な空気が極まったシーンだったと言っていいだろう。

 アップテンポの「Little Sister」で本編を締め括った後、アンコールでは「Sick, Sick, Sick」〜「Go With the Flow」〜「A Song for the Dead」という必殺の流れで、最高潮のままコンサートは終了した。ラストの「A Song for the Dead」は、レコードではデイヴ・グロールが担当していた強力なドラムを、ここではセオドアが見事に叩きこなしてみせる。また、オリジナル版でリード・ヴォーカルを歌っているマーク・ラネガンが2022年に急逝したことを考えると、タイトルそのままに追悼の意味合いも思い浮かぶものの、重苦しいムードを放つ曲ながら、基本的にはクールなトロイが、ここぞとばかり激しいアクションを見せたりして、楽しさに満ちたショウの最後に相応しいものだった。

 日中の取材で対面したジョシュからは、仲間の死や自身の闘病など、多くの苦難に見舞われた近年の実人生を経て、どこか達観しつつも決して老成はしないような、何か覚悟が決まったような不思議な貫禄が伝わってきた。そうして得た心情が、ステージでの朗らかさ、オーディエンスへの態度にも現れていたと思う。QOTSAが、これからも現役最高峰のロック・バンドとして活躍していく未来を確信する。


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示

Text by 鈴木喜之
Photo by 古渓 一道


クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ official site
qotsa.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 文坂なの [インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル
[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ![インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー!
[インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音
[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来
[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー[インタビュー] HAIIRO DE ROSSI ジャズ・ラップの金字塔 10枚目にして最高傑作
[インタビュー] 朝香智子  人気ピアノYouTuber  全曲オリジナル楽曲による新作[インタビュー] セルゲイ・ナカリャコフ 世界有数のトランペット奏者が新作アルバムで挑んだヴィトマン作曲の超難曲
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015