ニュース

RADWIMPSの新作アルバムにONE OK ROCKのTaka、あいみょんら参加 新曲MVも公開

RADWIMPS   2018/11/14 13:35掲載
はてなブックマークに追加
 RADWIMPSが、約2年ぶりとなるニュー・アルバム『ANTI ANTI GENERATION』(初回限定盤 CD + DVD UPCH-29313 3,800円 + 税 / 通常盤 CD UPCH-20503 3,000円 + 税)を12月12日(水)にリリース。ジャケット・ビジュアルと、収録曲「そっけない」のミュージック・ビデオが公開されています。

 『ANTI ANTI GENERATION』に収録される書き下ろしの新曲のうち3曲に、ONE OK ROCKのフロントマン・Taka、シンガー・ソングライターのあいみょん、NY在住のラッパー・MiyachiとSOIL&"PIMP"SESSIONSTabu Zombieがそれぞれフィーチャリング・ゲストとして参加しています。その他、シングル「サイハテアイニ」「Mountain Top」「カタルシスト」に加え、今年10月にNHK「RADWIMPS 18祭」でパフォーマンスされた「万歳千唱」「正解(18FES ver.)」も収録されています。

 男女間の曖昧でもどかしい感情の揺らぎを、丁寧で繊細な表現で描いた新曲「そっけない」のMVには、女優の小松菜奈と若手俳優の神尾楓珠が出演。微妙で曖昧な男女の機微を演じています。同MVについて小松は「2011年に「君と羊と青」のミュージック・ビデオに出演させていただいたときはまだ私が10代の時でした。今回もまた出演させていただけて、すごく嬉しかったです」と喜びを語り、神尾は「慣れないミュージック・ビデオの撮影で最初は戸惑ったけど、徐々に小松さんとの波長も合って、楽しく撮影することが出来ました」とコメントしています。

 なお、『ANTI ANTI GENERATION』の初回限定盤に付属するDVDには、『君の名は。』『人間開花』以降から本作にたどり着くまでのRADWIMPSを、メンバー・インタビューを軸に過去の膨大な映像を再構築したドキュメント映像が収録されています。

2011年に「君と羊と青」のミュージックビデオに出演させていただいたときはまだ私が10代の時でした。今回もまた出演させていただけて、すごく嬉しかったです。「そっけない」は静かな楽曲の中に、男の子のもどかしい感情が詰まっていて、何回でも繰り返して聴きたい素敵な楽曲です。野田さんの声は本当に魅力的な声だなと思います。
このミュージックビデオは登場人物がほとんど目を閉じている設定のストーリーですが、監督から「身体が目になっていると思って」と言われたので、その空気感の中の男女の物語をすごく大切に演じたいと思いました。

――小松菜奈

もともとRADWIMPSさんのファンだったので、お話を頂いて素直にとても嬉しかったです。「そっけない」の歌詞は、男子全員が共感すると思います。メロディーラインも綺麗だし、ずっと聴いていたい曲だなと思いました。
慣れないミュージックビデオの撮影で最初は戸惑ったけど、徐々に小松さんとの波長も合って、楽しく撮影することが出来ました。

――神尾楓珠

拡大表示


■2018年12月12日(水)発売
RADWIMPS
『ANTI ANTI GENERATION』

初回限定盤 CD + DVD UPCH-29313 3,800円 + 税
通常盤 CD UPCH-20503 3,000円 + 税

[収録曲]
01. Anti Anti overture
02. tazuna
03. NEVER EVER ENDER
04. IKIJIBIKI feat.Taka
05. カタルシスト
06. 洗脳(Anti Anti Mix)
07. そっけない
08. <宿題発表-skit->
09. PAPARAZZI〜*この物語はフィクションです〜
10. HOCUSPOCUS
11. 万歳千唱
12. I I U
13. 泣き出しそうだよ feat.あいみょん
14. TIE TONGUE feat.Miyachi, Tabu Zombie
15. Mountain Top
16. サイハテアイニ
17. 正解(18FES ver.)

[初回限定盤 DVD収録映像]
メンバーインタビューを軸に過去の膨大な映像を再構築したドキュメント映像を収録
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015