ニュース

アニソン界でも人気のラスマス・フェイバー来日! 「今こそ行動しなくては!と思った」

RASMUS FABER   2011/03/25 15:22掲載
はてなブックマークに追加
アニソン界でも人気のラスマス・フェイバー来日! 「今こそ行動しなくては!と思った」
 震災の影響で多くのイベントや海外アーティストの公演が中止となっているなか、日本のアニメ・ファンとしても有名なアーティスト、ラスマス・フェイバー(Rasmus Faber)が来日。

 “ハウス界の貴公子”として人気のラスマスは、昨年、<FUJI ROCK FESTIVAL>をはじめ、クラブ・ツアーでも日本全国各地を廻り、今年1月には日本が誇るアニソンをジャズでカヴァーした『プラチナ・ジャズ』シリーズのリリース・パーティをビルボードライブ(東京 / 大阪)で行なうなど、日本との関わりが特に深いアーティスト。

 ラスマスは、1年ぶりのニュー・シングル「Good Times Come Back feat. Beldina」、そして約3年ぶりとなるMIX CD『Rasmus Faber Love:Mixed2』のリリースを4月末に控え、全国6都市で来日ツアーを開催予定でしたが、震災のため、直後に予定されていた名古屋公演をキャンセルせざるを得ない状況に。その後もツアー開催自体を検討していましたが、海外アーティストのイベントが次々に中止になっていく状況を見て、「なんとかしたい」という本人の熱意から開催が実現されることに(名古屋公演に関しても振替公演を調整中)。

 ラスマスは自身のFacebookやTwitterでも、「親愛なる日本の皆さんへ。僕は明日、日本に向けて出発するよ! この10日間、そして今でも僕は深い悲しみに暮れながら、自問自答を繰り返していた。自分には何が出来るのだろう?と。そして、このような状況だからこそ、希望そして音楽が必要だとも思い当たったんだ。様々な事情があるにせよ外国人アーティストの来日公演が次々とキャンセルになったと聞き、“いま日本は危ない!”という外からの一方的なイメージを吹き飛ばすためにも、僕のようなアーティストが日本中をツアーして世界中に“日本は復興に向けて頑張っている”ことを伝える必要がある。そして、音楽を通じて、日本にいる皆さんが希望、そして喜びを少しでも感じてくれることができたなら、これ以上嬉しいことはないよ。各地で皆さんと会えることを楽しみにしています!」と、来日公演の開催と日本のファンへメッセージをおくっています。

 来日中のNE-YOをはじめ、世界中の様々な海外アーティストたちによるサポートの輪が広がっている現在。まだまだ不安定な状況が続く中、日本に対する想いを胸に来日したラスマス・フェイバーのツアーは今週25日の京都を皮切りにスタートします!


<Rasmus Faber 『Love:Mixed 2』Release Tour>
●3月25日(金)京都 WORLD
●3月26日(土)札幌 ACID ROOM
●4月 9日(土)東京 ageHa
●4月15日(金)熊本 DJANGO
●4月16日(土)福岡GOLD
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015