ニュース

saji、1年8ヵ月ぶりのワンマン開催 TVアニメ『SHAMAN KING』EDテーマのリリース発表

saji(ex-phatmans after school)   2021/08/16 13:07掲載
はてなブックマークに追加
saji、1年8ヵ月ぶりのワンマン開催 TVアニメ『SHAMAN KING』EDテーマのリリース発表
 sajiの1年8ヵ月ぶりとなる2度目のワンマン・ライヴ〈saji Live 2021〜夜の兎は眠らない〜〉が、8月15日に東京・SHIBUYA CLUB QUATTROにて開催。

 本ライヴは2020年4月にリリースされた、SNSを中心にティーンから絶大なる支持を集める楽曲「シュガーオレンジ」からスタート。「みんな立てるかな?始めようぜ!クワトロ〜!」とユタニシンヤ(g)が集まったオーディエンスを促し、ライヴ・タイトルにもつながる“ウサギ”がキーワードとなる「ミラーリンク」、そして7月より放送開始している人気TVアニメ『かげきしょうじょ!!』オープニング・テーマ「星のオーケストラ」と続きます。

 MCタイムへ突入し「みなさん!こんばんわ〜! sajiです!!会場のみなさん、元気ですか!?テンション上がってますか!?」と、今回も盛り上げ役を担うのはユタニ。「sajiのライヴは1年8ヵ月振りということで、たくさんの楽曲やパワーが溜まっている訳なんですよ!会場と配信をみてくれてるみんなに全力でぶつけていきたいと思っています!みなさん!夏の思い出作ろうぜ〜!!」と、序盤からしっかりとファンの心を掴み、sajiのギタリストでありパフォーマーとしての存在感を発揮します。

 続いて、sajiの楽曲を支えるヤマザキヨシミツ(b)とサポートの生田目勇司(ds)によるリズム隊のバトルが繰り広げられます。ベーシストとして技術力が高いと定評のヤマザキの重低音は、観客の心拍数を一気に高め、会場が高揚する中、バンド然としたサウンドが印象的な「真に暗き夜」「Maybe It's In Your genes.」「CHANGE UPPER」で一気に会場の空気を引き締めました。

 緊張感に包まれる中、再びsajiの盛り上げ隊長ユタニのMCコーナー。「星のオーケストラ」にまつわる面白エピソードや、グッズ紹介など、会場のファンはもちろん、画面の向こうで視聴しているファンの笑いを誘いました。

 いい意味で緊張感が解かれたところで、サポートの工藤拓人(key)の心踊るメロディラインからはじまる「猫と花火」、そして北海道・帯広の花火大会を唄った「ハナビノウタ」と、この季節にピッタリの“花火”がテーマとなった2曲に加え、世界各国のアニメファンから支持される1曲「アルカシア」が続きます。

 「僕ら自身ライヴが約2年振りです。その間ずっと、sajiは幸せなことに制作に打ち込む時間、曲を作るのに没頭する時間にあてさせてもらいました。」とヨシダタクミ(vo)が今日のライヴについて語り「僕にとってレコーディングとライヴは曲を演奏する上でまったく別物で。レコーディングはテストで、ライヴで初めて“この曲はこう歌ってほしかったんだな”ということがわかります。自分の中である種アップデートし続けながら、ライヴの中でもう一度曲を自分の中で生み出しているような感覚で今ライヴに臨んでいます。今日は声全開で枯れるまで歌おうと思っています」と久しぶりのライヴについての思いを話しました。

 そして、「ライヴで一番歌いたかった曲を歌わせてもらおうと思います」というヨシダの言葉をきっかけに、歌うま芸人として大人気のほしのディスコさんによるカヴァーなどで話題沸騰中の「三角の恋」を披露。sajiの楽曲の中でも支持率が高い楽曲に、会場では拍手が巻き起こります。さらに、前進バンドphatmans after school時代の人気楽曲でもある「ツキヨミ」で一層盛り上がりを見せました。

 ヴォーカル、ヨシダの透き通った歌声からはじまった「You & Me」は、sajiが織りなす音の味わい深さを感じさせられる中、爽快感のある「ユートピア」、「瞬間ドラマチック」と一気に走り抜け、名残惜しさを感じさせながらも「STAR LIGHT」で本編を終了。

 ここから延長戦へ突入し、アンコールを求める拍手の中、メンバーが再び登場。ヨシダのアカペラからスタートした「明日の空へ-Album ver.-」はTVアニメ『あひるの空』挿入歌としてsajiの名を世に広げた代表作。

 しっとりとした空気感の中、ユタニの甘酸っぱい語りののち、「ここにいるみなさん、そして配信を見てくれている一人一人に全力で歌いたいと思います!…タクミが!」と、会場の微笑を誘いながらphatmans after school名義の人気曲「棗」を披露。会場の盛り上がりはさらに上昇します。

 延長戦のエンディングとなった「Yummy!! Yummy!!」では、曲中に10月27日(水)にニュー・シングル「ハヅキ」のリリースと、そのシングルの表題曲がTVアニメ『SHAMAN KING』第3弾エンディング・テーマに決定したという重大発表が告げられライヴを終えました。

 本ライヴのアーカイブは、8月22日(日)21:00までチケットを購入することができ、同日23:59まで視聴可能です。詳細はオフィシャル・サイトをご確認ください。

拡大表示


拡大表示


拡大表示


〈saji Live 2021〜夜の兎は眠らない〜〉
アーカイブ期間: 8月15日(日)終演後〜8月22日(日)23:59まで
配信チケット料金: 3,000円(税込)
配信チケット発売期間: 〜8月22日(日)21:00
※8月21日 21:00以降はクレジットカード決済のみ
w.pia.jp/t/saji-yorunousagi
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015