ニュース

さくら学院、転入生2名を迎えて12名で2011年・夏スタート!

さくら学院   2011/07/25 15:42掲載
はてなブックマークに追加
さくら学院、転入生2名を迎えて12名で2011年・夏スタート!
 期待の新人アイドル・ユニット、さくら学院が<2011年度 NEW 〜Departure〜>と題して、7月23日(土)、7月24日(日)の2日間、全3公演をShibuya duoにて開催!

 さくら学院の単独ライヴは、2月12日(土)に原宿アストロホールにて行なわれたヴァレンタイン・ライヴ<Happy Valentine♪ 〜放課後さくらの下に集合!! 〜>以来、約半年ぶりとなるだけに、先行グッズ販売に長蛇の列ができるなど、早くも開場前から熱気は上昇。開演15分前にはメンバーによる影ナレが会場に流れ、期待を煽る!

 定刻通りに客電が落ち、オープニングSE映像が流れるとついにステージは開幕! 1stアルバム『さくら学院 2010年度 〜message〜』に収録されているビート・ナンバー「FLY AWAY」、そしてパンキッシュな「Hello! IVY」と2曲を続けて披露。

 一気に会場のボルテージを最高潮に引き上げると、恒例のメンバー自己紹介コーナーがスタート。今回は“メンバーの中で一緒に暮らしてみたい人”をテーマに発表され、メンバーそれぞれの個性溢れるコメントに、会場はほっこりとした暖かい空気へ。


さくら学院


 その後、さくら学院のグループ内ユニットである、部活動がステージを披露。その中でも、赤と黒を基調にした“重音部 BABYMETAL”は新曲を初披露。それぞれ全く違う個性のコンセプトで結成された各部活動チームは、元気に活動と成長中のパフォーマンスを繰り出す!

 そしてライヴ中盤には、さくら学院のステージで定評の高い寸劇コーナーへと突入! “さくら学院 転入式”をテーマに、転入生(新メンバー)となる小等部6年・田口 華、小等部5年・磯野莉音が初お披露目(現メンバーによると、新メンバーの印象は、田口 華は“バービー人形”、磯野莉音は“コアラ”とのこと!)。


さくら学院


 本編のラストは、アルバムに収録されているミディアム・ナンバー「message」で会場をひとつに。そしてアンコールでは、部活動ユニット“クッキング部 ミニパティ”が“新生ミニパティ”にバトンタッチ。旧メンバーから、新メンバーにそれぞれの衣装のカラーネクタイを引き継ぎました。

 さらに、この夏12人で新たに動き出す夏のライヴや、秋の単独ライヴ<さくら学院祭☆2011>も発表となり、さくら学院の待望の新曲「FRIENDS」も初披露! 熱すぎる盛り上がりの中、デビュー・シングルに収録されている「夢に向って」で締め。全16曲のステージは幕を下ろしました。

 転入生が加わり、12人となってさらに歌もダンスもパワーアップしながら、確実に日々成長し続けているさくら学院。ぜひライヴ会場へ!


さくら学院
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015