ニュース

SCANDAL、プライベート・レーベル「her」より第1弾アルバム発売&ワールド・ツアー開催

SCANDAL   2019/11/14 11:43掲載
はてなブックマークに追加
SCANDAL、プライベート・レーベル「her」より第1弾アルバム発売&ワールド・ツアー開催
 SCANDALが、2020年2月12日(水)にプライベート・レーベル「her」より第1弾アルバム『Kiss from the darkness』をリリースすることが決定。

 本作はSCANDALの9thアルバムで、前作『HONEY』から2年ぶりのアルバム・リリースとなります。さらに、このアルバムを携えワールド・ツアーの開催も決定。2020年3月7日(土)神奈川・厚木市文化会館を皮切りに、5月5日(火)、6日(水)大阪・オリックス劇場までの全国19公演の開催がアナウンスされ、海外公演については後日発表となっています。

 アルバム『Kiss from the darkness』は、プライベート・レーベル「her」を設立してからのシングル曲「マスターピース」「まばたき」「Fuzzy」「最終兵器、君」を含む全11曲を収録予定。ヴォーカルのHARUNAは「すでにリリースしている楽曲からも新しい挑戦や実験的な部分を感じとってもらえてると思いますが、こんなもんじゃないです。自信をもって言います、まじで最高のやつです。4人のクリエイティブなエネルギーが大爆発してます」とコメント。多くの楽曲で作詞を務めたドラムのRINAは「私たちにもある心の波、強さや弱さを全て音楽の種にして、曲に変えられたと思います。“何があっても、きっと大丈夫。なんとかなるさ。”そんな気持ちを、“Kiss from the darkness”といううタイトルに込めました」とコメントしています。

 あわせて公開となったジャケットのアートワークは、今年3月にリリースとなったシングル「マスターピース / まばたき」に引き続き、ファッション性の高いポップなコラージュ&ヴィジュアル作品で、アパレル・ブランドとのヴィジュアル・コラボレーションやCM、CD、雑誌、装丁、装飾デザインなど国内外で活躍するコラージュ・アーティストのQ-TAが手掛けています。Q-TAはアートワークについて「激しさの中に見え隠れする彼女たちのイノセントな部分を大事にし、今のSCANDALを外からではなく内側から表現しました」とコメントしています。

 なお、アルバムの初回限定盤A(CD + DVD VIZL-1706 4,000円 + 税)にはプライベートレーベル「her」の設立から約1年間メンバーを追ったドキュメンタリー・ムービーを収録したDVD、初回限定盤B(CD VIZL-1707 3,800円 + 税)には2月にリリースとなったシングル「マスターピース / まばたき」でも大好評だった雑誌「“her” Magazine」のVol.2が付属。また、完全生産限定盤(CD + DVD VIZL-1708 8,500円 + 税)はミュージック・ビデオ集を収録したDVDとジャケット・アートワークをプリントしたTシャツが付属する豪華BOX仕様となっています。アルバムはそのほか通常盤(CD VICL-65310 3,000円 + 税)を含め、4形態にて発売。オリジナル・クリアファイルがもらえる早期予約特典や、チェーン別オリジナル購入特典もあわせて発表となっています。リリースやチケットなどの詳細はSCANDALオフィシャル・サイトをご確認下さい。

拡大表示


■2020年2月12日(水)発売
SCANDAL
『Kiss from the darkness』

完全生産限定盤 CD + DVD + GOODS(豪華BOX仕様) VIZL-1708 8,500円 + 税
初回限定盤A CD + DVD VIZL-1706 4,000円 + 税
初回限定盤B CD + 雑誌 VIZL-1707 3,800円 + 税
通常盤 CD VICL-65310 3,000円 + 税
www.scandal-4.com/media/new-album_kiss-from-the-darkness
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015