ニュース

ディズニー最新作『クルエラ』日本版エンドソング担当は柴咲コウ 楽曲の一部を使用したMV公開

柴咲コウ   2021/05/21 13:42掲載
はてなブックマークに追加
ディズニー最新作『クルエラ』日本版エンドソング担当は柴咲コウ 楽曲の一部を使用したMV公開
 5月27日(木)より映画館、5月28日(金)よりディズニープラス プレミア アクセスにて公開される、『美女と野獣』のディズニーが『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞®を受賞したエマ・ストーンを主演に贈る実写映画最新作『クルエラ』。公開に先駆けて、日本版エンドソングを主人公・クルエラの日本版声優も務める柴咲コウが歌うことが決定。あわせて、楽曲の一部を使用したミュージック・トレーラーも公開されています。

 本作は、パンクムーブメントが吹き荒れる70年代の英ロンドンを舞台に、ファッション・デザイナーを夢見る少女エステラが、伝説的なカリスマ・デザイナーのバロネス(エマ・トンプソン)との出会いによって、フッショナブルで破壊的かつ復讐心に満ちた“クルエラ”の姿へ染まっていく様を描いた、“クルエラ”の誕生秘話をめぐる物語。

 エンドソング「コール・ミー・クルエラ」は、低音のビートが鳴り響く冒頭から、高音の伸びやかな歌声が広がる終盤まで、ダークで妖艶な世界観が広がるスタイリッシュな一曲。“美しくクレイジー”という歌詞にあるように、ディズニー史上最もファッショナブルなヴィラン“クルエラ”のために作られた、映画に相応しい楽曲です。本国ではグラミー賞にノミネート経験を持つ、英国人アーティストのフローレンス・アンド・ザ・マシーンが担当。

 日本版エンドソングを担当することになった柴咲は「この楽曲から、クルエラの持つ“自分に正直に生きる”“心の声に従う”“これが私である”という意志の強さ、表れを感じました」と楽曲の持つメッセージ性について語り、特に「“クルエラ・デ・ビル 闇に染まる それが私”“美を支配する”というセリフパートの歌詞が好きです」とコメント。また、「よりクルエラの強さを秘めている部分だと思います。それが過剰になりすぎないように、クルエラが自身を客観的に見据えているような雰囲気を大切にレコーディングしました」とセリフパートについてレコーディングで意識したことを語っています。

 これまで抑え込んでいた本当の自分を解き放とうとするクルエラの葛藤と、その後に待ち受けるクルエラのせつない運命。柴咲が歌い上げる「コール・ミー・クルエラ」によって、過激かつスタイリッシュな映画の余韻が更に味わえるものとなるでしょう。


© 2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

『クルエラ』
2021年5月27日(木)より映画館、5月28日(金)よりディズニープラス プレミア アクセス同時公開
www.disney.co.jp/movie/cruella.html
配給: ウォルト・ディズニー・ジャパン
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット
[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー![インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに
[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015