ニュース

ピアニスト4名がソロや2台ピアノでロシアの名曲を奏でる〈クラシック・ロシア by Pianos〉開催

清水和音   2018/11/14掲載(Last Update:18/11/16 10:09)
はてなブックマークに追加
ピアニスト4名がソロや2台ピアノでロシアの名曲を奏でる〈クラシック・ロシア by Pianos〉開催
 清水和音阪田知樹松田華音藤田真央ら4名のピアニストが一堂に会し、ソロや2台ピアノでロシアの名曲を奏でるコンサート〈Bunkamura30周年記念 ロシアン・セレブレーション in オーチャードホール クラシック・ロシア by Pianos 〜名手達の艶やかな競演〜〉が、11月24日(土)に東京・渋谷 Bunkamura オーチャードホールにて開催されます。

 本公演に出演するピアニストは、日本を代表するピアニストのひとりである清水和音、2016年に〈フランツ・リスト国際ピアノコンクール〉を制した俊英・阪田知樹、ロシアと日本で才能を開花させた期待の新星・松田華音、そして2017年の〈第27回クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクール〉優勝で注目を浴びる藤田真央の4名。ロシアの名作曲家たちの名作を、4人の名手が時にソロで、時に2台のピアノで奏でます。また、ロシアの作曲家についての著作でも知られるひのまどかによる構成、クラシック・ファンにはおなじみの山田美也子のナレーションが加わり、ロシアの音楽にまつわるエピソードやトリビアも紹介されます。

 プログラムは、フィギュア・スケートの浅田真央がバンクーバー・オリンピックで使用したことで一躍有名になったハチャトゥリアンの組曲『仮面舞踏会』より「ワルツ」や、ボロディンの『イーゴリ公』より「だったん人の踊り」、プロコフィエフのバレエの名曲『ロミオとジュリエット』からの楽曲、チャイコフスキーのバレエの名作『くるみ割り人形』(エコノム編曲)など、馴染みのある名旋律を数多く予定。そのほかラフマニノフの「2台ピアノのための組曲第2番」などのピアノの名曲も含まれており、“ロシア・イヤー”ならではの内容となっています。



Bunkamura30周年記念 ロシアン・セレブレーション in オーチャードホール
クラシック・ロシア by Pianos〜名手達の艶やかな競演〜

www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/18_classic_russia

2018年11月24日(土)
東京 渋谷 Bunkamura オーチャードホール
開演 14:00
出演: 清水和音 / 阪田知樹 / 松田華音 / 藤田真央

[曲目]
【第1部】ロシアの響きを聴く(2台ピアノ)
プロコフィエフ(寺嶋陸也編): 交響曲第1番「古典」(2台ピアノ版)[清水和音&阪田知樹]
ボロディン(アン・ポープ編): 『イーゴリ公』より「だったん人の踊り」(2台ピアノ版)[松田華音&藤田真央]

【第2部】ロシアの名旋律を聴く(ピアノ・ソロ)
ムソルグスキー(リムスキー=コルサコフ校訂) / I.L.フドレイ: 交響詩「はげ山の一夜」[阪田知樹]
ハチャトゥリアン: 組曲『仮面舞踏会』より「ワルツ」[藤田真央]
プロコフィエフ: 『ロメオとジュリエット』から10の小品op.75より第8曲「マキューシオ」、第10曲「別れの前のロミオとジュリエット」[松田華音]
プロコフィエフ: 『シンデレラ』から6つの小品op.102より第1曲ワルツ「シンデレラと王子」、第4曲ワルツ「シンデレラの舞踏会への出発」、第6曲「アモローソ」[清水和音]

【第3部】ロシアの極みを聴く(2台ピアノ)
チャイコフスキー(エコノム編): 組曲『くるみ割り人形』[松田華音&阪田知樹]
ラフマニノフ: 2台ピアノのための組曲第2番[清水和音&藤田真央]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015