ニュース

塩ノ谷早耶香の新曲「それでも世界は美しい」MVは行定 勲が監督

塩ノ谷早耶香   2014/11/06 14:21掲載
はてなブックマークに追加
塩ノ谷早耶香の新曲「それでも世界は美しい」MVは行定 勲が監督
 11月15日(土)22:00よりスタートするWOWOWの連続ドラマW『平成猿蟹合戦図』。主題歌として流れる、塩ノ谷早耶香の新曲「それでも世界は美しい」よりミュージック・ビデオが解禁。ドラマと同様、行定 勲が監督をつとめています。

 歌詞に出てくる「青いイノセンス」がとても印象に残ったと語る行定監督、一つの「青い風船」がそれぞれ別の場所でもがき苦しむ人々を紡ぎながら、“それでも世界は美しいと”いう楽曲のコンセプトを見事に映像で表現。

 また塩ノ谷は12月10日(水)に1stアルバム『Luna』が発売決定。最新のアーティスト写真も公開されています。



[塩ノ谷早耶香 / 1st ALBUM『Luna』への想い]
Lunaとは「月」という意味です。月は影の中に優しく輝いて、包み込んでくれる優しさを感じます。それに、夜になるとちょっとさみしくなったり悲しくなったりするけど、そんな時に綺麗に輝く月を見ると癒されたりします。
そして、どんな時でも私達の側に寄り添って夜になると顔を出してくれる月。
そんな「月」のイメージと私自身がなりたいアーティスト像とが重なったことが、今回のタイトルにした理由です。
さらにLunaには「月」という意味のほかに、「狂気」という意味もあったりします。
"光と影"や"黒と白"が、今回のアルバムに収録される曲達にピッタリな言葉だなと思います。
そういう意味でも私自身がこれまで発信してきた作品と新たに生まれた作品とを聴いて頂き、様々な表情の私を感じて頂けたらと思います。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015