ニュース

スリーター・キニー、プロデューサーにセイント・ヴィンセントを迎えた新作を発表

スリーター・キニー(SLEATER-KINNEY)   2019/07/23 13:05掲載
はてなブックマークに追加
 様々なバンドを送り出してきた米ワシントン州オリンピアのインディ・ロック・バンド、スリーター・キニー(Sleater-Kinney)が、2014年の再始動後2枚目のアルバム『センター・ウォント・ホールド』(CD SIGNS-046 2,300円 + 税)を8月16日(金)に発表します。プロデューサーをセイント・ヴィンセントが務めており、スリーター・キニーらしいソリッドなオルタナティヴ・チューンもあれば、ヴィンセントの手腕が見え隠れするインテリジェンスな音作りもあります。

 アルバムのジャケットは、ドラマーのジャネット・ワイスを含むメンバー3人の顔写真を合成したものとなっているものの、7月1日にワイスが自らのツイッターでバンドを脱退したことを発表。9月5日(木)から始まるツアーで、ワイスに代わって誰がドラムを叩くか、まだ明らかになっていません。

 収録曲から「Hurry On Home」と「The Future is Here」、アルバム・タイトル曲の「The Center Won’t Hold」が公開中です。



スリーター・キニー official site
www.sleater-kinney.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015