ニュース

SOLEIL、マンスリー&クリスマス・ライヴの開催とファンクラブ発足を発表

SOLEIL   2019/07/23 18:19掲載
はてなブックマークに追加
SOLEIL、マンスリー&クリスマス・ライヴの開催とファンクラブ発足を発表
 7月17日に3rdアルバム『LOLLIPOP SIXTEEN』(CD VICL-65209 2,500円 + 税)をリリースしたばかりの、16歳の美少女ヴォーカリスト“それいゆ”とサリー久保田によるバンド、SOLEILが7月20日に〈『LOLLIPOP SIXTEEN』TOUR〉最終公演を東京・渋谷 WWWXにて開催。ライヴにて9月より3ヵ月連続のマンスリー・ライヴ〈READY SOLEIL GO〉と12月22日(日)にクリスマス・ライヴを行なうこと、さらにオフィシャル・サイトの開設とファンクラブの発足がアナウンスされました。

 ツアー・ファイナルの会場となったWWWXは、それいゆが高校合格後に行なった東京・渋谷 WWWでの〈Hello,Again SOLEIL〉以来3ヵ月半ぶりとなる東京でのライヴということもあり、大勢の“ソレイユマニア”が詰めかけての大盛況。ライヴのオープナーとして定番の「魔法を信じる?」から幕を開けると、アルバム『LOLLIPOP SIXTEEN』収録の「アナクロ少女」では新体操経験のあるそれいゆが流麗なリボンさばきを披露。カーネーション直枝政広提供の「School's Out」では段ボール製ギターを手に、左右のお立ち台の上でピート・タウンゼントばりのウインドミル奏法を“エアギター”で披露し、観客を大いに沸かせました。それいゆは、担当楽器のグロッケンだけでなく、鍵盤リコーダー“アンデス”、アンコールの「恋するギター」やデビュー曲「Pinky Fluffy」でドラムを演奏するなど、バンド・アンサンブルに奥行きを与えるマルチプレイヤーぶりを発揮。メンバーからサプライズでバースデーケーキが贈られたほか、ファンクラブ発足発表直後にファンクラブ入会のQRコードがプラカードで掲げられると、スマートフォンを持った観客がその場でファンクラブに入会するなど、充実のライヴとなりました。

 SOLEILは、インストア・ライヴを7月31日(水)に東京・タワーレコード渋谷店、8月4日(日)に東京・タワーレコード新宿店で行なうとのこと。マンスリー・ライヴ〈"READY SOLEIL GO" Supported by starblinc〉は9月15日(日)、10月13日(日)、11月15日(金)に東京・渋谷 TSUTAYA O-CRESTにて、〈SOLEIL CHRISTMAS LIVE〉をビクターが新たにオープンするライヴハウス「Veats Shibuya」にて12月22日(日)に開催。詳細はSOLEILのオフィシャル・サイトでご確認ください。

拡大表示拡大表示拡大表示
拡大表示拡大表示拡大表示

写真: 狐塚勇介 ライヴ衣装提供: starblinc

SOLEIL OFFICIAL SITE
soleilpo.com
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015