ニュース

曽根麻矢子プロデュースによる〈チェンバロの庭〉最終回のテーマは“バッハの庭”

曽根麻矢子   2019/03/25 12:56掲載
はてなブックマークに追加
曽根麻矢子プロデュースによる〈チェンバロの庭〉最終回のテーマは“バッハの庭”
 チェンバリストの曽根麻矢子が、ナビゲーターを務める朝岡 聡とともに〈曽根麻矢子 プロデュース チェンバロの庭 vol.3 “バッハの庭” チェンバロの貴婦人とコンサートソムリエのバロック・サロン〉を2019年3月28日(木)に東京・富ヶ谷 Hakuju Hallで開催。

 本公演は、曽根が現代の名工デヴィット・レイ製作のフランス式2段鍵盤チェンバロ(クラヴサン)を携え、ナビゲーターの朝岡 聡とともにバロック音楽の世界へ聴き手を誘う全3回のシリーズの最終回。J.S.バッハがイタリア趣味やフランス趣味をどのように捉え、その楽曲内で用いたのか、バッハの作品を庭に見立てて演奏します。

 曽根は本公演について「最終回のテーマは“バッハ”です。バッハが自分のものにしたイタリアやフランスのスタイルや、宮廷の優雅なダンスが、ダンスを伴わない舞曲として洗練された様子を、判りやすく比較、解説いたします。皆様にバッハを、そしてチェンバロを満喫していただけるよう、創り上げてまいります」とコメントを寄せています。

曽根麻矢子 プロデュース
チェンバロの庭 vol.3〈バッハの庭〉
チェンバロの貴婦人とコンサートソムリエのバロック・サロン

www.hakujuhall.jp/syusai/181.html

2019年3月28日(木)
東京 富ヶ谷 Hakuju Hall
開演 19:00
全席指定 4,500円(税込)

[出演]
曽根麻矢子(hc) / 朝岡 聡(ナビゲーター)

[プログラム]
J.S.バッハ: フランス組曲第5番ト長調BWV816
J.S.バッハ: トッカータ第2番ホ短調BWV914
J.S.バッハ: フランス風序曲ロ短調BWV831(抜粋)
J.S.バッハ: イタリア協奏曲ヘ長調BWV971(抜粋)
J.S.バッハ: 「平均律クラヴィーア曲集第2巻」より(抜粋)
J.S.バッハ: 「イギリス組曲」より(抜粋)
フローベルガー: トッカータ
ラモー: 歌劇『優雅なインド人』より「序曲」
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015