ニュース

映画監督・園 子温のドキュメンタリー映画『園子温という生きもの』5月公開

園子温   2016/02/16 13:33掲載
はてなブックマークに追加
映画監督・園 子温のドキュメンタリー映画『園子温という生きもの』5月公開
 映画監督の園 子温をフィーチャーしたドキュメンタリー映画『園子温という生きもの』が、彼の監督最新作である『ひそひそ星』と同日の2016年5月14日(土)に東京・新宿シネマカリテで公開されます。

 『冷たい熱帯魚』(2011年)、『ヒミズ』(12年)から『新宿スワン』(15年)までのわずか5年の間に、取り巻く状況が大きく変容していった園 子温。ヒットを飛ばし国際映画祭での賞取りの常連になり、結婚し、そしてある日、敢然とメディアに登場するように――。そんな姿を捉えながら、染谷将太二階堂ふみ、田野邉尚人(別冊『映画秘宝』編集長)、安岡卓治(映画プロデューサー)、エリイ(Chim↑Pom)、神楽坂 恵といったゆかりの人物による証言も交え、園 子温に迫る『園子温という生きもの』。2014年にMBS『情熱大陸 映画監督・園子温』を手がけたドキュメンタリー監督の大島 新が、地上波ではその面白さを伝えきれないと映画化を決断した作品です。

私は2014年1月から5か月間、園子温の活動を取材し、6月にMBS『情熱大陸』で放送した。番組は園の映画への熱い思いや「俺の映画」を作っているという自負、そしていたずらっ子のような素顔を映し出し、視聴者や関係者から大きな反響を呼んだ。私としても内容的に満足のいくものだったが、テレビ番組という枠組み、正味24分という尺の中では、園という人物を充分に描き切れなかったという思いも残った。そもそも「地上波でのテレビ放送は一度もない」という園映画。人間としての園も、映画同様、テレビサイズには収まりきらない魅力(と、ハチャメチャさ)に溢れていた。いま、世界基準の日本人映画監督とは誰なのか。残念ながら、かつての黒澤明、小津安二郎、今村昌平、大島渚といった作家たちと同じような存在感て?語られる日本人監督はいなくなってしまった。いや、ひとりいるではないか! 国内よりも海外での注目度が高い超個性派カルト監督。毀誉褒貶も多く、時にボロクソに言われることも彼にとっては褒め言葉だ。そう遠くない未来に、世界基準となる可能性を秘めた園子温。このドキュメンタリーは、稀有な才能を秘めた珍奇な生きものの記録である。
――大島 新

(C)2016「園子温という生きもの」製作委員会

『園子温という生きもの』
2016年5月14日(土)新宿シネマカリテにてロードショー
※園 子温監督作品『ひそひそ星』と同時ロードショー

監督: 大島 新
出演: 園 子温 / 染谷将太 / 二階堂ふみ / 田野邉尚人 / 安岡卓治 / エリイ(Chim↑Pom) / 神楽坂恵
プロデューサー: 小室直子 / 前田亜紀
撮影: 盒興典
編集: 大川義弘
整音・効果: 高木 創
音楽プロデュース: 菊地智敦
企画・製作: ネツゲン / 日活
制作プロダクション: ネツゲン
配給: 日活
宣伝: ミラクルヴォイス
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム
[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之
[インタビュー] 小松亮太 アストル・ピアソラ生誕100周年を記念して「バンドネオン協奏曲」のライヴ録音をリリース[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015