ニュース

ヴァイが完成までに2年を要するBOXを発売!!

スティーヴ・ヴァイ(Steve Vai)   2001/11/01掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 フランク・ザッパの門下生としては一番の出世頭である、バカテク・ギタリスト“スティーヴ・ヴァイ”が、自身の公式HPにて、レア音源満載のボックス・セットをリリースすることになった。

 『THE SECRET JEWEL BOX』というタイトルが付いたこのボックス・セットは、まず12月4日に全10枚組のCDのうち、専用のボックスとCDが3枚がセットになったもの(限定10,000セットで価格は$65.00(送料別))がリリースされ、その後、残りの7枚のCDが約2年間にわたってリリースされていくという壮大なもの。すでに最初の分の予約が公式HPにて始まっており、ボックスのパッケージ・デザインなどが公開されているのですが、10.000セットが完売した時点で販売は終了するとのことなのでお買い求めはお早めに。ちなみに、先着1,000名の中から1名にヴァイの直筆入りのギターがプレゼントされるとのことです。 さて、気になる各discの内容はというと、

●disc1:『The Elusive Light and Sound, Vol.1』
 彼が今まで数々の映画に提供した楽曲が収録。中でもKinksの「Celluloid Heroes」の未発表ヴァージョンは要注目。

●disc2:『Alcatrazz - Disturbing the Peace』
 彼が以前在籍していたヘヴィ・メタル・バンド“アルカトラスの85年発表のアルバム。

●disc3:『Frank Zappa Original Recordings - Steve Vai Archives Vol.2』
 海賊盤で出まわっていたフランク・ザッパ・バンド在籍時に残した音源の正規盤。*以上が最初のセットとして発売されるもの。

●disc4:『Archives, Vol. 3: Various Artists』
 ジャズ・ミュージシャン“チック・コリアやP.I.L.のメンバーとのセッション音源を収録。

●disc5:『Archives, Vol. 4』
 かつて発売された彼の作品の日本盤のみに収録されていたボーナス・トラックを集めたもの。

●disc6:『Archives, Vol. 5: Vai Piano Reductions』
 彼の楽曲のピアノ・ヴァージョン集。演奏しているのは、かつてザッパ・バンドの仲間であったマイク・ケネリー(新作リリース予定!!)

●disc7&8:『Alcatrazz - Panic Jungle (Live In Japan)』
 元々はビデオ用として録音されていたアルカトラスの日本公演の模様を収録したCD2枚分未発表ライヴ音源。

●disc9:『Steve Vai & The Classified』
 ザッパ・バンドの後に参加したクラシファイドの未発表音源集。

●disc10:『Hot Chunks』
 彼が長年にわたって録音した様々な音(会話をしている声やツアーでの不思議なシーンでの音などもある模様)や音楽が収録。・・・・・・と、彼のファンならば必ずやヨダレが出てしまうに違いない、非常に魅力溢れたものになってます。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015