ニュース

ストーン・サワー、4月にコンセプト作完結編『ハウス・オブ・ゴールド・アンド・ボーンズ パート2』をリリース!

ストーン・サワー(STONE SOUR)   2013/02/05 15:23掲載
はてなブックマークに追加
 アイオワ出身のロック・バンド、ストーン・サワー(Stone Sour)が、昨年10月に発売された2部作からなるコンセプト・アルバム『ハウス・オブ・ゴールド・アンド・ボーンズ』に続く完結編『ハウス・オブ・ゴールド・アンド・ボーンズ パート2』を、日本先行で4月3日にリリースすることが決定しました(US発売は4月9日)。

 彼らの地元であるアイオワ州デモイン郊外にあるSound Farm Studiosにてレコーディングされた今作のプロデューサーは、前作『パート1』同様、トゥールミューズなどを手掛けるデイヴィッド・ボトリルが担当。壮大なコンセプト・ストーリーの前半部分を描いた『パート1』は、世界中から称賛を受ける作品となりました。

 とくに、英『KERRANG!』誌は同作を「ストーン・サワーのキャリアにおいて最も完成された作品。深み、感情、そして精神性がその全てに封じ込められている。2013年はストーン・サワーの年になるだろう」と賞賛するなど、ファン期待の完結編がついにお目見えします。

 『ハウス・オブ・ゴールド・アンド・ボーンズ パート2』からの1stシングル曲「ドゥ・ミー・ア・フェイヴァー」は、全米で2013年2月12日より、ここ日本でも2013年2月13日よりデジタル配信がスタート!

 また、この楽曲のビデオ・クリップは、ハイ・オン・ファイアーのビデオ・クリップで『Revolver Magazine』から2012年ベスト・ビデオを受賞した経歴を持つ、Phil Mucciが監督する予定とのこと。前作『ハウス・オブ・ゴールド・アンド・ボーンズ パート1』からのシングル曲「アブソルート・ゼロ」は米Active Rockチャート及びMainstream Rockチャートで第1位を記録。米『Billboard』誌はこのシングルを「確固たる信念を持つロック・アクトによる、聴くもの全てを鼓舞させる楽曲」と評しています。

STONE SOUR - Absolute Zero(Official Video HD)


※2013年4月3日(水)日本先行発売
ストーン・サワー
『ハウス・オブ・ゴールド・アンド・ボーンズ パート2』

(Roadrunner Records / Warner Music Japan)

[収録予定曲]
01. Red City / レッド・シティ
02. Black John / ブラック・ジョン
03. Sadist / サディスト
04. Peckinpah / ペキンパー
05. Stalemate / ステールメイト
06. Gravesend / グレイヴセンド
07. '82 / 82年
08. The Uncanny Valley / ジ・アンカニー・ヴァレー
09. Blue Smoke / ブルー・スモーク
10. Do Me A Favor / ドゥ・ミー・ア・フェイヴァー
11. The Conflagration / ザ・コンフラグレイション
12. The House Of Gold & Bones / ハウス・オブ・ゴールド・アンド・ボーンズ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”
[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース[インタビュー] 宇宙船ジャガー号に潜入取材!――ベスト・アルバム『ジャガーさんがベスト!』に迫る
[インタビュー] “わたし”から“私”へ 吉澤嘉代子『女優姉妹』[インタビュー] 孤独を歩こう――2018年の日本を描いた、中村 中『るつぼ』
[インタビュー] “黒い春”と一緒に“死者の日”を楽しもう エル・ハル・クロイの世界とは[インタビュー] 泣けて笑えて、また泣けて、また笑えて――近田春夫×児玉雨子
[インタビュー] ビートで紡ぐストーリー――CRAM『The Lord』[インタビュー] 進化し続けるCOLOR CREATION 新たなチャレンジや発見も詰まった「I
[インタビュー] カズオ・イシグロが歌詞を提供した“ジャズ・ソングバード” ステイシー・ケントがジム・トムリンソンと描く美しい歌[インタビュー] 新しい自分を見つけることができる作品だった――指揮者アンドレア・バッティストーニ×東京フィルハーモニー交響楽団によるセッション録音プロジェクト第2弾に女優のんが登場
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015