ニュース

杉本有美、井口昇ら登場! 映画『戦闘少女』初日舞台挨拶をレポート!

杉本有美   2010/05/24 13:22掲載
はてなブックマークに追加
杉本有美、井口昇ら登場! 映画『戦闘少女』初日舞台挨拶をレポート!
 人とは違う力を持った3人の少女たちの哀しき宿命が描かれる、ミュータント・ガールズ・アクション・ムービー『戦闘少女〜血の鉄仮面伝説〜』が絶賛公開中! 公開初日となった5月22日(土)、池袋シネマ・ロサでは舞台挨拶が行なわれ、主演を務めた杉本有美森田涼花高山侑子、監督をつとめた井口昇坂口拓らが登壇、大きな盛り上がりとなりました!

 今作は、世界各国で順次公開が決定しており、7月開催の<第9回ニューヨーク・アジア映画祭>ではインターナショナル・プレミア上映も行なわれます。現在はシアターN渋谷、池袋シネマ・ロサ(レイトショー)、名古屋シネマスコーレ(レイトショー)にて公開中! 6月5日(土)より大阪シネ・ヌーヴォにてレイトショーがはじまります!


――本作について。

杉本有美 「初主演ということで、演技も今まで以上に頑張りましたし、アクションはいままでやったことがないくらい激しいもので、自分が持っているすべての力を出しきって頑張りました。見どころはワンカットで一気に大勢を斬るシーン。アクションパートの坂口監督から一発OKが出ました」

高山侑子 「自分とは真逆なクールな女の子・玲を演じることが難しくもあり、面白かったです。井口さんの演技指導のおかげでとても成長できたと思います。ただ、アクションパートの坂口監督からは“才能がない”と言われました(笑)」
(坂口監督 「そんなことはない! 俺も昔は才能がなかったから一緒だね!(笑)」)

森田涼花 「佳恵は明るくて無邪気な役。いつもニコニコしている役なので演じてて楽しかったです」

――章ごとに監督が起用されたことについて。

井口昇 「西村さんはちゃんと描いてくれるんですけど、坂口監督が絵コンテをまったく描いてくれなくて困りました。特撮が多いので絵コンテがないと大変なんですよ……。結局4コマぐらいしか描いてくれなかった。仕方なく、あるシーンの50カット分は実は僕がコンテ描いているんです。アクションシーンでカットが細かいなってところは全部僕がやってます」

坂口拓 「邪魔臭いし、細かいことはやりたくねぇやって(笑)」

――3監督の印象について。

杉本有美 「皆さんそれぞれ個性が強すぎて、顔は絶対忘れないですね。坂口さんを最初見た時恐かったけど、アクションの練習をするうちに本当はよくしゃべる人なんだなと思いました」

高山侑子 「井口さん以外はやっぱり恐かった。坂口さんはアクションはかっこいいんだけど演技は適当だなと思いました(笑)。西村さんは恐かったけど、実は優しいところもあるなと思いました」

森田涼花 「井口監督は、ふんわりオーラっていうか、今日もがんばろう!みたいに、毎朝話しかけてくれて優しいんですよ。坂口監督は勉強になることをたくさん教えてくださった。西村監督は何を撮ってるのか最初はまったく説明がなかったので恐かったんですけど、ある時、次にどのカットを撮るのか説明してくれて、その時はとても嬉しかったです」
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015