ニュース

鈴木あきえデビュー10周年、ラジオで出川哲朗がサプライズ表彰式を開催

鈴木あきえ   2014/09/19 15:21掲載
はてなブックマークに追加
鈴木あきえデビュー10周年、ラジオで出川哲朗がサプライズ表彰式を開催
 10月4日(土)より公開となる映画『サミーとシェリー 〜七つの海の大冒険〜』ではヒロインのウミガメ“シェリー”役で声優&主演に挑戦、その明るく元気なキャラクターが熱い支持を受ける、TBS『王様のブランチ』でお馴染みの鈴木あきえが今年でデビュー10周年。9月18日の深夜に放送されたレギュラー・ラジオ番組、TOKYO FM『鷹の爪団の世界征服ラヂヲ』にてサプライズ表彰式が開催されました。

 放送直前、同番組のレギュラーであるFROGMANが“急遽今日は出演できなくなった為、今日は一人で放送する”と聞かされ本番に挑む鈴木がスタジオに現れると、目の前にはなぜか出川哲朗と名物マネージャーのオスカル中村の姿……。動転して言葉が出ない彼女をよそに、メイン司会を出川がつとめ、特別企画「パラレルワールドに迷い込んだ鈴木あきえを救え!」というテーマで番組はスタート。

 開始後5分ほどすると、お祝いソングと共に、鈴木の芸能活動10周年を祝うべくサプライズ企画「あきえ10周年おめでとう!」表彰式がはじまり、祝10周年のオリジナル楯、彼女のユニフォームでもある赤のはっぴ(祝10周年デザイン・バージョン)を授与。番組冒頭からコメントを噛み噛みの出川を迎え不安を抱えていた鈴木でしたが、「レポーターとして、“なんか”“すごい”“やばい”は言わないと学んで来た私ですが、今はその言葉しか出ません! お手上げ!」と終止、「ヤバいよ! ヤバいよ!」の連発。目頭を熱くしていました。

 「あきえちゃんはこんなにスタッフにも愛されてすごいね!」(出川)と祝福すると、「いつもは口だけは達者な私ですが、今日ばかりは胸がいっぱいで言葉がでてきません。」と感動が止まないところへサプライズはさらに続き、“急遽今日は出演できなくなった”と聞かされていたFROGMANも登場。「今日ほどこのおじさんを恨んだことはありませんでした! 一人でやれと言われた時の不安といったら……」と興奮気味に振り返りつつ、大円団のうちに放送を終えました。

 なお、『鷹の爪団の世界征服ラヂヲ』はUSTREAM配信(www.ustream.tv/channel)も行なっており、この放送はアーカイブで楽しむこともできます。

[鈴木あきえ]
10周年を記念して『サミーとシェリー 〜七つの海の大冒険〜』で初めて主演級のヒロイン役をいただけて、この大きな仕事ができて本当にうれしいです。
振り返ると「鷹の爪団の世界征服ラヂヲ」で2年間、「王様のブランチ」には8年間もお世話になり、みなさまに愛していただきこの10年間は周りの方の愛に支えていただいた10年だったと思っています。
20周年をめざすにあたって、これからは周りのスタッフをはじめ、お茶の間のみなさんに恩返しをしていきたいと思います。
みなさまのおかげで10周年迎える事ができました。心から感謝しております。
お茶の間を明るく照らせるように、これからも元気で明るく、20周年目指してがんばります!


[FROGMAN]
鈴木あきえちゃん、10周年おめでとうございます。
あきえちゃんとのつきあいは、このラジオ番組がはじまってからのまだ3年程ですが、その前から「王様のブランチ」でずっと見ていたので“とてもにぎやかな女の子”というイメージでした。
一緒にお仕事をしてみると、とてもしっかりと考えを持ってトークをしているクレバーさにも気付かされました。
そういう一面を見て、この人はずっと生き残っていくんだろうなと思っていましたが、長く活躍するのが大変なこの業界で、あきえちゃんならさらに10年、20年と活躍して行くんだと思います。
タレント業で得られる幸せと、女のとしての幸せも叶えて、この先も10年、20年と続けてほしいと思います。


『サミーとシェリー 〜七つの海の大冒険〜』
sammy-movie.jp
2014年10月4日(土)より、ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国ロードショー
配給: AMGエンタテインメント / PARCO

監督: ベン・スタッセン
声の出演: 羽多野渉(サミー) / 鈴木あきえ(シェリー)/ LiLiCo(ベラ) / 柿原徹也(レイ)ほか
製作: nWave Pictures 2010年 / ベルギー / 日本語吹き替え / 85分 / カラー / 5.1ch

(C)Around the World in 50 Years S.P.R.L.
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015