ニュース

taffy、約2年ぶりの新作『Deep Dark Creep Love』を日英同時リリース

taffy   2019/06/18 12:09掲載
はてなブックマークに追加
taffy、約2年ぶりの新作『Deep Dark Creep Love』を日英同時リリース
 イギリスを拠点に活動する日本発シューゲイザー・バンド“taffy”が、約2年ぶりの新作『Deep Dark Creep Love』を7月5日(金)に日本とイギリスで同時リリース。本作は先に英国でのリリースが発表されており、後に日本での同時リリースが決まった“逆輸入”作品となります。

 7月に英ロンドン・Rough Tradeでのインストア・ライヴを含むヘッドライン・ツアーを開催するイギリスをはじめ、海外メディアではリリース発表と同時に“Excellent return”と取り上げられた本作には、デビッド・ボウイの隠れた名曲「Never Let Me Down」の独自の解釈でのカヴァーを含む全8曲を収録。ギターに新しく磯谷直司を迎え、シューゲイズやグランジなどジャンルを越えた圧倒的な音の洪水の中に切ないメロディが展開するサウンドは、今回初めてメンバー全員でのコーラスなども多用されており、ジャンル、国境、時代を超越した、taffyのさらなる新境地を開いた作品に仕上がっています。

 なお、アルバム・ジャケットなどのクリエイティブを手掛けたのは、オアシスザ・ヴァーヴなどのアートワークで世界的に知られているクリエイティブ集団“マイクロドット”を率いるデザイナー、ブライアン・キャノンです。キャノンが日本のアーティストのアートワークを担当するのは今回が初となります。

拡大表示


■2019年7月5日(金)発売
taffy
『Deep Dark Creep Love』

輸入盤

[収録曲]
01. She&She
02. Sunless Echo
03. aiaiRide
04. Inner Nerd
05. The Bates
06. Never Let Me Down
07. Halo #6
08. God's Pink
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集
[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー
[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える
[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ
[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』[インタビュー] “令和最初の傑作”を読み解く 清 竜人 超ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015