ニュース

鍵盤楽器奏者、武久源造が『適正律クラヴィーア曲集』全曲録音の第3弾をリリース

武久源造   2018/12/07 14:18掲載
はてなブックマークに追加
 チェンバロやピアノ、オルガンを中心に各種鍵盤楽器を駆使し、幅広い時代とジャンルのレパートリーを持つ鍵盤楽器奏者の武久源造が、『平均律クラヴィーア曲集』として知られるJ.S.バッハの作品を『適正律クラヴィーア曲集』と訳して挑んでいる全曲録音の第3弾『バッハの錬金術Vol.2 #3/4 適正律クラヴィーア曲集 第1集・第2集 第13番〜第18番』(ALCD-1180 2,800円 + 税)を12月7日(金)にリリース。

 武久は、とくにブクステフーデやバッハといったドイツ鍵盤作品での独特かつ的確な解釈に支持を寄せられ、楽器製作の過程についての深い造詣も持ち、楽器の構造的特色を最大限に引き出す演奏が楽器製作家たちからも高く評価されている鍵盤楽器奏者。武久は本作で、『適正律クラヴィーア曲集第1集』と『適正律クラヴィーア曲集第2集』よりそれぞれ第13番〜第18番を収録しており、『第1集』を足鍵盤付きチェンバロで、『第2集』をジルバーマン・モデルのフォルテピアノで演奏しています。

 武久は本作でのアプローチについて、「本CDでは今までのこのシリーズとはやり方を変え、第1巻の13番の後に第2巻の第13番を続けるというやり方で、番号順に演奏した。こうすることにより、同じ調性の前奏曲とフーガが並び、あたかも一つの組曲のようなたたずまいを見せる場合がある。またバッハは、それぞれの調でやるべきことをやり尽くす、という観点から、第1巻でやらなかったことを第2巻で徹底的に追究するということもあった」と解説しています。

■2018年12月7日(金)発売
バッハの錬金術Vol.2 #3/4 適正律クラヴィーア曲集 第1集・第2集 第13番〜第18番
ALCD-1180 2,800円 + 税

[収録曲]
J.S.バッハ:
『適正律クラヴィーア曲集第1集』より第13番嬰ヘ長BWV858
01. 前奏曲
02. フーガ
『適正律クラヴィーア曲集第2集』より第13番嬰ヘ長調BWV882
03. 前奏曲
04. フーガ
『適正律クラヴィーア曲集第1集』より第14番嬰へ短調BWV859
05. 前奏曲
06. フーガ
『適正律クラヴィーア曲集第2集』より第14番嬰へ短調BWV883
07. 前奏曲
08. フーガ
『適正律クラヴィーア曲集第1集』より第15番ト長調BWV860
09. 前奏曲
10. フーガ
『適正律クラヴィーア曲集第2集』より第15番ト長調BWV884
11. 前奏曲
12. フーガ
『適正律クラヴィーア曲集第1集』より第16番ト短調BWV861
13. 前奏曲
14. フーガ
『適正律クラヴィーア曲集第2集』より第16番ト短調BWV885
15. 前奏曲
16. フーガ
『適正律クラヴィーア曲集第1集』より第17番変イ長調BWV862
17. 前奏曲
18. フーガ
『適正律クラヴィーア曲集第2集』より第17番変イ長調BWV886
19. 前奏曲
20. フーガ
『適正律クラヴィーア曲集第1集』より第18番嬰ト短調BWV863
21. 前奏曲
22. フーガ
『適正律クラヴィーア曲集第2集』より第18番嬰ト短調BWV887
23. 前奏曲
24. フーガ


[演奏]
武久源造(hc [第1集],hf[第2集])

[録音]
2018年1月4〜6日 神奈川県立相模湖交流センター
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「家族ができてすべてが変わった」結婚、子供、生活。激動の7年間を過ごしたT2Kが待望の新作を発表[インタビュー] ハミ出し者の生き様――DOGMA x LORD 8ERZ『DROPOUT SIDING』
[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作
[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力
[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”
[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』
[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015