ニュース

アンジュルム・竹内朱莉、自身初となる書道展「煌々舞踊(こうこうぶよう)」を開催

竹内朱莉   2023/04/14 16:15掲載
はてなブックマークに追加
アンジュルム・竹内朱莉、自身初となる書道展「煌々舞踊(こうこうぶよう)」を開催
 2023年4月15日(土)〜23日(日)にかけて、日本文化の重要拠点である明治神宮外苑・聖徳記念絵画館(東京)で、アンジュルム竹内朱莉が自身初となる書道展「煌々舞踊(こうこうぶよう)」を開催します。

 開催前日の同月14日(金)に行われた取材会では、多くの報道陣を前に準五段「正師範」の腕前を生かした鮮やかな筆さばきを披露。書道展にかける思いを語りました。

[オフィシャル・レポート]
 書道展「煌々舞踊」では、新たな書き下ろし作品に加え、過去作や幼少期時代の初公開作品など50点以上を展示。タイトルの「煌々舞踊」は、竹内の書道家としての雅号「煌舞(こうぶ)」から本人が名付けた。

 竹内は、グループのOGで同期の勝田里奈がスタイリングした黒の衣装でさっそうと登場。会見の序盤では、報道陣が静かに見守る中で華麗な書道パフォーマンスを披露した。

 白いキャンバスの中心に、大きな筆で「縁」と書き上げた竹内。キャンバスの左下に「朱莉」と名前を書き上げ、印鑑を押そうとしたところ上手く刻印できないハプニングも。何度かトライするも上手く刻印できず「すみません。ハプニング(笑)」と竹内がはにかむ一幕もあったが、豪快な作品に報道陣や関係者から称賛の拍手がおくられた。

 会見では「先生」と呼ばれた竹内が「アハハ。全然、ただの人です(笑)」と回答。2022年12月にグループ及びハロー!プロジェクトからの卒業を発表したことも加味して、書道展について「(グループの)現役中にできた夢だったので、卒業前に叶えられてうれしく思いますし、メンバーも自分のことのように喜んでくれているので」と話し、ファンも含めて「たくさんの方に喜んでいただけてうれしいです」と笑顔で語った。

 学生時代から続けている書道では「今は『正師範』の資格を持っているんですけど、あとひとつ段が上がれば『教授』になれるので、それを目指して今は頑張っている感じです」と意気込んだ。いずれは書道教室で「自分がおばあちゃんになったとき、近所の子たちに教えるのはいつかやりたい」と夢を語った。

 書道パフォーマンスで「縁」と書き上げた理由を聞かれると、デビュー当時から「たくさんのご縁があって」と回想。「私の人生の中でこの『縁』という文字は欠かせないものだと思って、最後にこれを書いて展示が完成する感じだったので、この文字で締めるというか、始める、という思いを込めた」と明かした。

 自身の雅号「煌舞」の由来は「舞っているような、踊っているような作品をよく書いているから」だと吐露。今回の書道展では「龍」と描いた作品が好きで「一発で書けて、練習もせず『どう書こう』とも考えていなくて、とりあえず書いた一発がめちゃくちゃ上手に書けて。お家に持って帰りたいくらい好きです」と話し、笑みを浮かべた。

 書道では「海外での個展」も夢にあり、この先で「書道の文化を世界へ広めたい気持ちもありますし、身近に書道をやっている人も少ないので、もっとカジュアルに『書道の文化』をとらえてもらえるように、できることをどんどん発信できたら」と目標を明かした。

 会見終盤では、最後の参加作品で自身のソロ曲も収録される両A面シングルが2023年6月14日(水)にリリースされると発表。同月21日(水)に横浜アリーナ(神奈川)で卒業コンサートを開催することも報告し、「アンジュルムとしてアリーナに立つのは初めてなので、卒業もありますけど、今のメンバーでアリーナに立てるのが本当にうれしいので、たくさんの方に見に来ていただけたら」とメッセージを届けた。

 グループ卒業後については「物心付いたときから歌ったり踊ったりさせていただいていたので、1人になって書道の道へ行くのは自分の中でも怖かったり、不安もあったりしますけど、新しいことができるワクワク感の方が大きい」と明かし、「これからどんどん新しい道を自分の手で広げていけたらいいなと思いますし、卒業後の未来が、アンジュルムにとっての力にもなればと思います」と力強く伝えた。


拡大表示


アンジュルム竹内朱莉の書道展「煌々舞踊(こうこうぶよう)」
2023年4月15日(土)〜4月23日(日)
東京 明治神宮外苑 聖徳記念絵画館 グランドフロア
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
[インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー![インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム
[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015