ニュース

ディズニー映画「ダンボ」日本版エンドソング、竹内まりや「ベイビー・マイン」先行配信開始

竹内まりや   2019/03/25 13:04掲載
はてなブックマークに追加
 2019年3月29日(金)に公開されるティム・バートン監督映画「ダンボ」の日本版エンドソングに起用されている竹内まりやの「ベイビー・マイン」が3月22日(金)より配信開始。YouTubeでは映画の映像を使用したミュージック・ビデオの60秒ヴァージョンも公開されています。

 「ベイビー・マイン」は、1941年に公開されたディズニー映画『ダンボ』のなかで、象の母と息子の感動的なひと時に流れた楽曲。当時はアカデミー賞オリジナル・ソングにもノミネートされ、今も歌い継がれるスタンダード曲です。

拡大表示

 3月26日(火)には、11年ぶりのテレビ出演となるNHKの特集番組「竹内まりや Music & Life」が放送されることも決定している竹内は、本曲制作にあたり、「娘が幼い頃大好きだった『ダンボ』のビデオを一緒に観るたびに、〈Baby Mine〉の歌のシーンでいつも涙したものです。まさか30年後に、この曲を私が歌う日が来ようとは! 懐かしいあの時代を思い出しながら、心を込めて歌わせていただきました」とコメントを寄せています。また、本楽曲には山下達郎がコーラスで参加しているほか、ギターに佐橋佳幸を迎え、訳詞を古垣内麻衣と竹内が手掛けています。

 4月6日(金)に発売される『「ダンボ」オリジナル・サウンドトラック』(UWCD-1023 2,500円 + 税)には、竹内の歌う「ベイビー・マイン」に加え、ミス・アトランティスの日本語声優を担当する大塚千弘による「ベイビー・マイン」を日本盤ボーナストラックとして収録。先行で配信された海外版エンドソングであるアーケイド・ファイアによる楽曲も収録が予定されています。


■2019年3月22日配信
竹内まりや
「ベイビー・マイン」

lnk.to/Dumbo_MT

■2019年4月5日(金)発売
スコア:ダニー・エルフマン
「ダンボ」オリジナル・サウンドトラック

CD UWCD-1023 2,500円 + 税

映画「ダンボ」
2019年3月29日(金)全国公開
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作
[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力
[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”
[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』
[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』
[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015