ニュース

デレク・トラックス&妻スーザンのスペシャル・ユニット“テデスキ・トラックス・バンド”が1stアルバムを発表!

テデスキ・トラックス・バンド   2011/05/06 14:38掲載
はてなブックマークに追加
デレク・トラックス&妻スーザンのスペシャル・ユニット“テデスキ・トラックス・バンド”が1stアルバムを発表!
 ジョン・メイヤージョン・フルシアンテとともに現代の3大ギタリストに名を連ねているデレク・トラックス(Derek Trucks)と、妻でブルース・シンガーのスーザン・テデスキ(Susan Tedeschi)によるスペシャル・ユニット“テデスキ・トラックス・バンド”(Tedeschi Trucks Band)の1stアルバム『レベレイター(Revelator)』(SICP-3143 税込み2,520円)が、6月8日にリリースされます。

 昨年のフジロックで日本初となる夫婦共演を実現させてファンを沸かせた二人ですが、今回ようやくファン待望のファースト・アルバムがお目見えに。

 グラミー受賞の敏腕プロデューサー、ジム・スコット(レッド・ホット・チリ・ペッパーズトム・ぺティディクシー・チックス他)を迎え、デレクの代名詞ともいえるボトル・ネック奏法にスーザンの渋いヴォーカルが融合した最高のカントリー・ブルース・アルバムが完成。“預言者”の意を持つタイトルどおり、二人の新たな道を示す作品となるのか、注目のアルバムの登場です。


※6月8日発売
テデスキ・トラックス・バンド
『レヴェレイター』
(SICP-3143 税込み2,520円)
[収録曲]
01.カム・シー・アバウト・ミー
02.ドント・レット・ミー・スライド
03.ミッドナイト・イン・ハーレム
04.バウンド・フォー・グローリー
05.シンプル・シングス
06.アンティル・ユー・リメンバー
07.ボール・アンド・チェイン
08.ディーズ・ウォールズ
09.ラーン・ハウ・トゥ・ラヴ
10.シュリンプ・アンド・グリッツ(Interlude)
11.ラヴ・ハズ・サムシングエルス・トゥ・セイ
12.シェルター
13.イージー・ウェイ・アウト
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット
[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー![インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに
[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015