ニュース

ザ・ビートルズ初主演映画『A Hard Day's Night』を東京、福岡で期間限定再上映!

ザ・ビートルズ   2010/02/19 15:00掲載
はてなブックマークに追加
ザ・ビートルズ初主演映画『A Hard Day’s Night』を東京、福岡で期間限定再上映!
 昨年、全オリジナル・アルバムのリマスター盤が発売され、日本だけでも250万枚(アルバム換算)を超えるヒットを記録したザ・ビートルズ(The Beatles)。映画業界でも、彼らの名曲がそのままタイトルとなった映画『ゴールデンスランバー』が話題沸騰中です!

 そんな中、松竹(株)では、上映やDVD再発売を待ち望むファン、そして新たにビートルズを知ったというビギナーのファンに向けて、彼らの初主演映画『ハード・デイズ・ナイト』(A Hard Day's Night)を東京中央区の東劇(2月20日〜)及び、福岡市博多区の福岡中洲大洋映画劇場(3月20日〜)にて再上映、さらにDVDを“特別キャンペーン価格:1,575円”で3月3日に発売! どちらも期間限定の緊急企画です!

 “ビートルズの映画の中でもこれが一番好き”というファンが多い『ハード・デイズ・ナイト』。日本では初公開以来、「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」というタイトルで親しまれてきたこの映画は、ビートルズが世界に羽ばたき始めた1964年に公開された彼らの初主演映画。人気者になったビートルズ、おかげで毎日が“ハード・デイズ”で目が回るような忙しさ。そんな中、厄介者のポールの叔父さんが彼らに同行することなり、様ざまなトラブルを巻き起こし……。映画はもちろんフィクションですが、ビートルズがビートルズ自身を演じており、当時の彼らのハードなスケジュールや暮らしぶりが、ユーモアたっぷりのドキュメンタリー・タッチで描かれています。

 そして、映画のサウンドトラックとして1964年にイギリスで発売されたアルバム『A Hard Day's Night』も歴史に残る名盤。劇中で使用された11曲中7曲に新曲6曲を加えて発売されたこのアルバムは、彼ら3枚目のオリジナル・アルバムで、彼らのオリジナル作品だけで構成された初めての作品。「ア・ハード・デイズ・ナイト」「恋する二人」「アンド・アイ・ラヴ・ハー」「恋におちたら」……どの曲もポップ・ソングとして全てがパーフェクト、短期間で作ったとは思えないほどの完成度を誇っています。

 映画も音楽もポップなビートルズの魅力が満載! これを機会にぜひ『ハード・デイズ・ナイト』をチェックしておきましょう。


【映画『ハード・デイズ・ナイト』(A Hard Day's Night)上映情報】

●東劇(東京都中央区)
上映期間:2月20日〜3月5日
料金:一般1,500円、学生・シニア・小人1,000円(全て税込)
※ビートルズ関連商品も劇場販売予定
http://www.shochiku-eigakan.com/campaign/aharddaysnight/index.html

●福岡中洲大洋映画劇場(福岡県福岡市博多区)
上映期間:3月20日〜4月2日
料金:一般1,500円、学生・シニア・小人1,000円(全て税込)
http://www.nakasu-taiyo.co.jp/


【DVD】

※3月3日発売
『ハード・デイズ・ナイト』
(期間限定生産:DZ-3025 税込1,575円)
特典映像:
■予告篇
■ミュージック・チャプター
■ザ・ビートルズ・メンバー・プロフィール
■キャスト・スタッフプロフィール
■映画「ゆかりの地」映像
■ギター・プレイ・オブ・「ハード・デイズ・ナイト」
発売・販売:松竹株式会社

【CD】

※リマスター盤絶賛発売中
『A Hard Day's Night』
(TOCP-71003 税込2,600円)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015