ニュース

THE BEATNIKSほか〈RISING SUN ROCK FESTIVAL〉追加出演者発表

ザ・ビートニクス   2017/06/21 16:10掲載
はてなブックマークに追加
THE BEATNIKSほか〈RISING SUN ROCK FESTIVAL〉追加出演者発表
 6月24日(土)よりチケットの一般販売がスタートする〈RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO〉。8月11日(金)、12日(土)の開催に先駆け、新たな追加出演アーティストが発表されています。THE BEATNIKS高橋幸宏 + 鈴木慶一)をはじめ、〈中津川THE SOLAR BUDOKAN2016〉で結成されたユニット“さかいゆう feat. 福原美穂 SOLAR JAM”、中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)とTK from 凛として時雨による“PANDAS”、天才バンドthe peggiesら初出演組に加え、10年ぶりの出演となるCORNELIUS女王蜂チャラン・ポ・ランタン夜の本気ダンスLOSALIOSBAZRAMOROHAなどが決定しました。

 深夜に行われる“IN THE MIDNIGHT HOURS”には、T字路sをはじめ、松竹谷清&Chocolate Dandies(エマーソン北村 / 山口大輔)、Reiが決定。また、“ブルーズ・バンド”として活動するblues.the-butcher-590213が、うつみようこ佐藤タイジTHEATRE BROOK)、田中和将(GRAPEVINE)らをゲストに迎え出演。

 さらに、通し入場券購入者のみが参加できる“for CAMPERS”では、LIFE IS GROOVEで共に活動したKenKenをホストに、〈Song for“ムッシュかまやつ”〜LIFE IS GROOVE〜〉を開催。出演は、同メンバーの山岸竜之介をはじめ、奥田民生金子マリシシド・カフカChar斉藤和義など。東京スカパラダイスオーケストラを中心に行われる〈FRIDAY NIGHT SESSION〜SKA IS THE PARADISE〜〉は、ゲストにチバユウスケThe Birthday)、中納良恵EGO-WRAPPIN')、峯田和伸銀杏BOYZ)、YONCE(Suchmos)らが決定しています。

Photo By n-foto RSR team

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO
北海道 小樽 石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ
2017年8月11日(金)、12日(土)
※雨天決行
11日 開場 10:00 / 開演 15:00(終演 23:00予定)
12日 開場 10:00 / 開演 12:30(終演 明朝5:00予定)
通し入場券 18,500円 / 11日入場券 9,300円 / 12日入場券 13,000円
HEAVEN'Sテントサイト付入場券 22,000円 / FORESTテントサイト付入場券 22,000円円
オートキャンプ付入場券 31,000
会場内駐車券 4,100円 / 会場外駐車券 2,100円
バス券(片道) 600円
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015