ニュース

ザ・ナショナルのマット・バーニンガーが初のソロ・アルバムを10月に発表

ザ・ナショナル   2020/05/21 13:53掲載
はてなブックマークに追加
ザ・ナショナルのマット・バーニンガーが初のソロ・アルバムを10月に発表
 2017年のアルバム『スリープ・ウェル・ビースト』が〈グラミー賞〉の最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバムを受賞したザ・ナショナルのフロントマン、マット・バーニンガー(Matt Berninger)が初のソロ・アルバム『Serpentine Prison』を10月2日(金)に発表します。プロデューサーは60年代にスタックス・レコードで活躍し、オーティス・レディングサム&デイヴらのレコーディングに参加したブッカー・T.ジョーンズ。先行シングルとしてタイトル曲の「Serpentine Prison」が5月20日にリリースされました。

 リリースと同時に公開された「Serpentine Prison」のミュージック・ビデオは、マットの弟でもある映像作家のトム・バーニンガーと、クリス・スグロイが監督を務め、米カルフォルニア州ベニスのレコーディングスタジオ、アースター・クリエイション・センターにて撮影されました。同曲についてマットは、「このシングルは、ザ・ナショナルのアルバム『アイ・アム・イージー・トゥ・ファインド』のレコーディングの1週間後、2018年11月に書いた曲なんだよ。長い間、俺は映画、演劇などのプロジェクトの為に誰かの頭の中にある考えや誰かの気持ちを伝える曲を書いてきた。それも好きなんだけど、俺は自分自身を掘り下げる準備ができていたし、この曲がそうやってできた初めての曲なんだ。タイトルである〈Serpentine Prison〉というのはロサンゼルス国際空港近くにある海に流れ込む曲りくねった水道管から取った。パイプの周りには人が立ち入らないように柵で囲ってあるんだ。この曲はショーン・オブライエンとハリソン・ウィットフォード(フィービー・ブリジャーズ)とともに書き、その6ヵ月後にブッカー・T・ジョーンズがプロデュースしてくれた。エピローグの様なフィーリングがしたのでアルバムにも同タイトルを付け、その最後に収録したんだよ」とコメントしています。

Photo by Jeff Salem



caroline international
carolineinternational.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015