ニュース

ザ・プロディジーが3年ぶりのニュー・アルバム『ノー・ツーリスツ』を11月にリリース

ザ・プロディジー(THE PRODIGY)   2018/07/20 14:21掲載
はてなブックマークに追加
ザ・プロディジーが3年ぶりのニュー・アルバム『ノー・ツーリスツ』を11月にリリース
 英エセックスのテクノ・ユニット、ザ・プロディジー(THE PRODIGY)が、2015年の『ザ・デイ・イズ・マイ・エネミー』以来約3年ぶりとなるニュー・アルバム『ノー・ツーリスツ』を11月2日(金)にリリース。発売に先駆け、ロレッタ・ハロウェイのヴォーカルをサンプリングした先行シングル「Need Some1」のミュージック・ビデオが公開されています。

 アルバムは、ブレイン的存在のサウンド・クリエーター、リアム・ハウレットが、バンド・メンバーのキース・フリント、マキシムと共に昨年からロンドンのスタジオで制作。ハウレットが“バンド・アルバム”と語る本作には、コラボレーション楽曲の収録が数曲予定されているものの、基本的にはハウレット、フリント、マキシムの3人で作り上げています。ハウレットはアルバムについて「これらの楽曲はライヴのために作られた曲なんだ。ライヴの気持ちや雰囲気を想像して曲を作ってる。その“バズ”がなくならないかぎり俺たちは音楽をやめられないよ」と語っています。

 フィリピンのマニラで制作された「Need Some1」MVは、フィリピン出身の映像作家パコ・ラテルタが監督。ハウレットは「ミュージック・ビデオというものは、この“Need Some1”の映像のように、独創性にあふれドキドキするような映像でないとそもそも作る意味がない。いろいろな監督の映像作品を観たけど、パコのスタイルは非常に目立っていた。この映像の暴力的で生々しいスタイルは今までにないものだと思う」とコメントしています。



■2018年11月2日(金)発売
ザ・プロディジー
『ノー・ツーリスツ』

※日本盤詳細は近日発表
※収録曲未定
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 楽しいことが一個でもあったら生きていける フィメール・ラッパーのpinokoがChilly Sourceからデビュー[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』
[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』
[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015