ニュース

東西カオティック・ハードコア名匠TRIKORONAとSTUBBORN FATHERがスプリット作をリリース

TRIKORONA   2015/01/06掲載(Last Update:15/01/08 11:41)
はてなブックマークに追加
東西カオティック・ハードコア名匠TRIKORONAとSTUBBORN FATHERがスプリット作をリリース
 東京が誇るカオス&ヴァイオレンス“TRIKORONA”と、大阪産ブラッケンド激情ハードコア“STUBBORN FATHER”。90sハードコアの進化を現在に至るまで継続中の両雄が、スプリット作(HFTG-013 1,482円 + 税)をIDORAZENI GEVA / KK NULLViViAN BOYSなどの名作を着実に世に送り出し続けている名門「Hello From The Gutter」リリース。2014年12月27日より販売がスタートしています。

 元CURTAIN RAIL、現COFFINS、SPY MASTERなどのメンバーによって結成され、GOBやPALATKA、GUYANA PUNCH LINE、REVERSAL OF MANなどに通じるカオティックなパワーヴァイオレンスにサイケデリックな風味も加わったサウンドで個性を確立しているTRIKORONA。FINGERPRINT / UNDONEやKAOSPILOT、SHIKARIといったユーロ暗黒激情ハードコアをイメージさせ、兵庫・神戸のSWARRRMなどと共鳴しながらブラックメタルのムードやメタリックなリフワークで独自の世界観を作り上げているSTUBBORN FATHER。前者は5曲、後者は3曲を持ち寄り、充実の全8曲入り作品に仕上げています。TRIKORONAは2012年リリースの初フル・アルバム『様々な困惑』以来、STUBBORN FATHERは2012年のR3N7とのスプリット作以来の音源。ファン必聴の内容です。

 なお、同作のリリースを記念したリリース・ギグも各地で開催。現在、2月14日(土)東京・国分寺 MORGANA、3月14日(土)兵庫・神戸 丹波 LASSON、4月18日(土)新潟・古町 WOODYの3公演が決定しています。



■2014年12月27日(土)発売
TRIKORONA / STUBORN FATHER
『Split』

HFTG-013 1,482円 + 税

[TRIKORONA]
01. 妖怪の手
02. 深い外
03. 蒲団
04. 意識の高い豚
05. 片輪の馬車

[STUBBORN FATHER]
06. 裏側
07. 降伏フィルム
08. 痣

TRIKORONA x STUBBORN FATHER
Split CD release GIG


・2015年2月14日(土)
“様々な困惑”
東京 国分寺 MORGANA
共演: SeeK / 西之カオティック / kowloon ghost syndicate / ele-phant
開場 / 開演 TBA
前売 / 当日 TBA

・2015年3月14日(土)
“escape from reality vol.1”
兵庫 神戸 丹波 LASSON
共演: DEATH LIKE SILENCE / SeeK / COMPLETED EXPOSITION / W.D.L.K / ACROSS YOUR FACE
開場 17:00 / 開演 17:30
前売 2,000円 / 当日 2,500円

・2015年4月18日(土)
“私的見解”
新潟 古町 WOODY
共演: ANCHOR / SCRUMHALF / sectorE
開場 18:00 / 開演 18:30
前売 1,500円 / 当日 1,800円
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース
[インタビュー] 宇宙船ジャガー号に潜入取材!――ベスト・アルバム『ジャガーさんがベスト!』に迫る[インタビュー] “わたし”から“私”へ 吉澤嘉代子『女優姉妹』
[インタビュー] 孤独を歩こう――2018年の日本を描いた、中村 中『るつぼ』[インタビュー] “黒い春”と一緒に“死者の日”を楽しもう エル・ハル・クロイの世界とは
[インタビュー] 泣けて笑えて、また泣けて、また笑えて――近田春夫×児玉雨子[インタビュー] ビートで紡ぐストーリー――CRAM『The Lord』
[インタビュー] 進化し続けるCOLOR CREATION 新たなチャレンジや発見も詰まった「I[インタビュー] カズオ・イシグロが歌詞を提供した“ジャズ・ソングバード” ステイシー・ケントがジム・トムリンソンと描く美しい歌
[インタビュー] 新しい自分を見つけることができる作品だった――指揮者アンドレア・バッティストーニ×東京フィルハーモニー交響楽団によるセッション録音プロジェクト第2弾に女優のんが登場[インタビュー] 歌詞の背景にある世界まで表現したい――城田優が誘う、華麗なるミュージカルの世界
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015