ニュース

タキシード、3rdアルバム『Tuxedo III』をリリース

タキシード(Mayer Hawthorn / Jake One)(TUXEDO)   2019/07/17 14:24掲載
はてなブックマークに追加
タキシード、3rdアルバム『Tuxedo III』をリリース
 2015年に初アルバム『タキシード』で登場して以来、近年のトレンドとなったブギー、ディスコ、ファンクをベースにしたモダンな楽曲群で高評価と人気を獲得しているメイヤー・ホーソーンとジェイク・ワンのユニット、タキシードが、7月19日(金)に3rdアルバム『Tuxedo III』(国内盤仕様 FOS100CDJP 2,300円 + 税 / 輸入盤 FOS100CD オープンプライス)をリリース。

 twitterなどで新曲の情報を“チラ見せ”してファンの期待を煽っていた2人は、その期待に違わぬハッピー・ヴァイブスなパーティ・アルバムを完成させました。クール&ザ・ギャング「レディース・ナイト」も頭に浮かびそうな先行シングル「The Tuxedo Way」で幕を開け、「Do It」マナーのメロウ&スムースな「You & Me」、クインシー・ジョーンズが「彼こそ未来」と評した西海岸の新鋭R&Bシンガー / プロデューサーのレヴィン・カリと西海岸の大御所トークボクサー / ヒップホップ・プロデューサーのバトルキャットをフィーチャーしたセンチメンタルなウェッサイ「OMW」、悪役マスク姿のレジェンドラッパー、MFドゥームを迎えたゴリゴリのGファンク「Dreaming In The Daytime」、モダン・ファンクの鬼才デイム・ファンクとの相性が抜群なエレガント・ファンク「Extra Texture」、パリアレクサを客演に煌びやかな80'sディスコ・スタイルを再現した「Vibrations」、冒頭からそれと分かるナイル・ロジャース / シック・マナーのカッティング・ギターが映える「On A Good One」、日本人アーティストとのコラボレーションも多いベニー・シングスとの「Toast 2 Us」などと上質なモダン・ディスコ・サウンドが勢ぞろい。ホーソーンが自身のツアーにも同行させたマルチ・アーティストのガブリエル・ガルソン・モンターノや、ライヴではゴールドやシルヴァーなどキラキラとした衣装でもおなじみのギャビン・タークも参加。

 洒落っ気のあるモダンなディスコ作風を継承しながらも、クラシック・ヒップホップや現代音楽を形成するエッセンスを豊富に吸収し、さらに進化したダンス・ミュージックとなっています。

拡大表示


■2019年7月19日(金)発売
タキシード
『Tuxedo III』

国内盤仕様 FOS100CDJP 2,300円 + 税
輸入盤 FOS100CD オープンプライス

[収録曲]
01. The Tuxedo Way
02. You & Me
03. OMW ft. Leven Kali & Battlecat
04. Dreaming In The Daytime ft. MF Doom
05. Extra Texture ft. DaM-FunK
06. Gabriel's Groove ft. Gabriel Garzon-Montano
07. Vibrations ft. Parisalexa
08. If You Want It
09. On A Good One
10. Toast 2 Us ft. Benny Sings
11. Close ft. Gavin Turek
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015